BTSジョングク、ハリー・スタイルズ「Falling」カバー突如公開が話題「胸が締め付けられる」「どんな気持ちで…」

【モデルプレス=2021/10/29】BTSのJUNG KOOKが29日、グループの公式YouTubeにて、ハリー・スタイルズの楽曲「Falling」を歌った音源を突如公開。大きな反響が寄せられている。

◆JUNG KOOK「Falling」カバーに反響

この日、予告なく突如「Falling」のカバー音源を公開し、ファンを驚かせたJUNG KOOK。叙情的に響く、切ないながらもソウルフルな歌声が印象的なカバーとなっている。

同曲は2019年12月にリリースされたアルバム「Fine Line」に収録された楽曲で、ハリーが元恋人へ捧げたとされる切なく美しい失恋ソング。

サビでは「What am I now?(今の僕はなに?) What if I'm someone I don't want around?(僕が側にいてほしくない人になってしまってたらどうしよう?)I'm falling again…(僕はまた落ちていく…)」と繰り返す歌詞が印象的だ。

JUNG KOOKを巡っては最近、私服や日用品を公開しただけで裏広告疑惑が持ち上がるなど、その影響力故に様々な議論に巻き込まれている。

この疑惑は公正取引委員会に違反なしと判断され集結したが、今回のカバーを聞いた多くのファンからは、JUNG KOOKを取り巻く環境を思い「グクの気持ちを考えると本当に胸が締め付けられる」「どんな気持ちで『Falling』を歌ったのかな。ずっと幸せでいてほしいのに」「歌うことで彼の色々な気持ちが消化されますように」「声が本当に切なくて泣いてしまった」などの声も上がった。

カバー動画は公開から15時間で約700万回再生を記録している。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/29 15:03
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます