インテルがエリクセンに関する声明文を発表…今後国外へ退団する可能性も示唆

拡大画像を見る

 インテルは、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの放出を検討しているようだ。28日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 今夏に行われたEURO2020のフィンランド戦に心停止を起こしピッチに倒れたエリクセンは、病院へ緊急搬送され、その後容態は安定。心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術も受けた。

 しかし、そのICDを装着してのプレーを含めて、現在エリクセンはイタリアの医療機関より今シーズン中のスポーツ活動を一時的に禁止されているという。そしてインテルは、クラブの声明文として「選手の現在の状態は、イタリアでスポーツフィットネスを達成するための要件を満たしていないが、代わりに他の国で競技活動を再開できるだろう」と発表。また今後、同選手の出場資格が排除されない外国のチームへの売却を進めることも検討しているようだ。

 今後、エリクセンがセリエAでプレーする可能性もあるようだが、同選手のためにもインテルは放出の選択肢も視野に入れているという。

関連リンク

  • 10/29 15:04
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます