田中卓志 木下優樹菜の動画配信「同じミスしてるのが厳しい」今後の困難予想

拡大画像を見る

 昨年7月に芸能界引退を宣言し、28日に開設したYouTubeで活動再開を宣言したタレントの木下優樹菜(33)について29日、フジテレビ「バイキングMORE」で特集。コメンテーターを務める出演芸能人が私見を語った。

 アンガールズの田中卓志は、「最初はインフルエンサーでいこうとしたけど、もうちょっと出ないと生活できないみたいなことがあったんじゃないかなと。だとしたら、今回、短絡的に思ったことを言ってしまったり、挙げてしまったことが(タピオカ騒動の)原因だったので、(今回も)SNSで炎上しているとか、1回考えてやらなきゃいけないことを即決する、同じようなミスをしている。そこがちょっと厳しいなという感じがしている。YouTubeでしゃべるにしても、そこをものすごく気をつけなきゃ行けないし。でも本来そこ(即決してしゃべるところ)が自分のよさだったり、すごく大変だろうなと思う」と複雑な思いを語った。

 土田晃之は「感情で動く人だからそれでしくじったときに、弁護士の言うことを聞くと思う」と謝罪のタイミングが遅くなったことには理解。その上で「今後、思ったことをズバズバ言えなくなった木下さんは魅力がどこまであるんだろうか」と今後の道のりの困難さを予想した。司会の坂上忍も「このやり方で自分のやり方を自分でつぶしちゃっている可能性があるんでしょう」と語った。

 木下は復帰に対しては動画で「たくさん何ができるかなって考えても私にはみんなの前に立って仕事がしたいという気持ちがやっぱりすごく強くて。この2年間、いろんな仕事も考えましたけど、この仕事しかできないなと思いました」とコメントした。

関連リンク

  • 10/29 14:32
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます