【難読】“なにあい”? 「寵愛」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「寵愛」の読み方です。

「寵」はなんて読むの? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「寵愛」の読み方は?

「愛」はそのまま“あい”ですが、「寵」をなんと読むのかわからない人がきっと多いですよね。「寵」は、いつくしむやかわいがるといった意味合いの漢字になります。

では、この二つを合わせてなんと読むのでしょうか。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“ちょうあい”と読みます。

■「寵愛」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「寵愛」の意味は以下のように解説されています。

ちょう‐あい【×寵愛】 の解説

[名](スル)特別に大切にして愛すること。「寵愛を受ける」「王妃を寵愛する」

漢字は難しいですが、ニュースでアナウンサーが「〇〇の寵愛を受けていましたが、今回の選挙は残念ながら落選となりました」なんて言っているのを聞いたことはないでしょうか。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「寵愛」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。「寵」という漢字自体は使う機会はあまり多くないので、読み方や意味が分からない人もいたのではないでしょうか。

きっと一度は聞いたことがある言葉だと思うので、この機会に読み方を覚えましょう!

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 10/29 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます