大ゲンカのあと、仲直りのきっかけになった彼の行動9パターン

大ゲンカのあと、仲直りのきっかけになった彼の行動9パターン

【1】気まずくていじけていたら、そっと頭をなでてくれたとき
「『頭なでなで』に女は弱い」(20代女性)というように、頭をなでられることで、「もういいや」という気分になってしまう女性は多いようです。彼女が「仲直りしよう」と言い出せない様子なら、男性のほうから歩み寄ってみてはいかがでしょうか。

【2】お互い沈黙するなかで、不意にギュッと抱きしめられたとき
「ズルいと思うけど、許しちゃう」(30代女性)というように、彼の腕に包まれたことで、気持ちが落ち着く女性も多いようです。ケンカ中、彼女があまりにもヒステリックになってしまった場合は、抱きしめて安心させてあげるといいかもしれません。

【3】連絡もなく、家の前で帰りを待ってくれたとき
「ちゃんと自分と向き合おうとしてくれていると感じた」(20代女性)というように、ケンカ後の気まずい状態でも会おうとしてくれる彼の勇気に心を打たれるという意見です。電話やメールでケンカをしたときは、直接会って仲直りを求めると、彼女に真心が伝わるでしょう。

【4】ケーキなどの好物を買ってきてくれたとき
「彼なりに私のことを考えてくれたんだと思う」(10代女性)というように、明らかに「ご機嫌とり」だとわかっていても、好物を前にしたら怒りが失せてしまう女性は多いようです。「ゴメン」とあやまっても効果がない場合は、彼女の好物をお土産に持っていくといいかもしれません。

【5】元気がなく、落ち込んでいたとき
「いつも元気な彼がシュンとしていて、なんだか見ていられなくなった」(10代女性)というように、あまりにも落ち込んでいる彼の姿を心配し、仲直りを決意する女性もいるようです。反省の気持ちがなかなか伝わらないときは、あえてしおらしい態度を見せると、彼女も許してくれるかもしれません。

【6】ふだんめったに見せない涙を見せられたとき
「びっくりするし、自分も悪かったなと反省する」(20代女性)というように、男性の涙に慣れていない女性は、罪悪感を抱くようです。ただし何度も涙を見せると、「またか…」とうんざりされる可能性もあるので、涙もろい人は注意しましょう。

【7】少し照れながら「仲直りしよう」と言ってきたとき
「彼から言い出してくれるとうれしい」(10代女性)というように、自分からは仲直りしたいと切り出しにくい状況で、男性が歩み寄ってくれると、女性はホッとするようです。早く仲直りしたいのであれば、意地を張らずに自分から折れてみることもときには必要でしょう。

【8】「許してー」と懇願されたとき
「彼が気の毒に思えたので」(20代女性)というように、必死でお願いされると、「まぁいいか」と怒りが収まる女性も多いようです。ただし、しつこすぎると「うっとうしい」とさらに怒りを買うようなので、ほどほどにしておきましょう。

【9】素直に「ゴメン」とあやまられたとき
「ゴメンと言われたら、たいてい許しちゃう」(20代女性)というように、彼の素直な言葉を聞いて、「これ以上ケンカを続けたくない」という気持ちになる女性は多いようです。自分が本当に悪いと思ったときは、「ごめんなさい」の一言が一番彼女の心に響くかもしれません。

ほかにも、「彼女と大ゲンカのあと、仲直りのきっかけになった行動」があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/29 12:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます