山田杏奈が失恋でボロボロに、映画『ひらいて』本編映像解禁

芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を原作にした映画『ひらいて』が、10月22日から全国劇場にて絶賛公開中だ。そしてこのたび、 本作より失恋でボロボロに傷ついた愛(山田杏奈)を捉えた本編映像が解禁となった。



本作は高校生の思いつめた恋心、暴走する想いを描き、人間の根源的な愛を問う文芸少女のバイブルとなった綿矢りさの小説『ひらいて』を、弱冠26歳・新進気鋭の若手監督・首藤凜による脚本・監督にて映画化したもの。


学校でも優等生でビジュアルも良く人気者の「愛」。恐れを知らない彼女の熱い恋心は、彼の「恋人」にまで向けられ、物語は三角関係だけにとどまらない方向へと進んでいく…。エキセントリックでありながらも切実な純愛を描き、いかなる恋愛映画も及ばなかった境地に行き着く、青春映画の系譜を飛び越えた本作。


今回公開された映像では、たとえ(作間龍斗)に自分の気持ちを伝えた愛だったが、その一方的でどこか乱暴な思いを受け止めきれないたとえに突き放されてから、髪やメイクが乱れ、表情も消え周りのクラスメイトが心配するほど、みるみるうちにボロボロになる姿が映し出されている。気力もなくただ呆然と一人で屋上に座り込む愛を心配したクラスメイトにも、心の余裕の無さから辛辣な言葉をぶつけてしまう。


本作を観た人からは、「愛と自分を重ねてしまう」と共感する声や「感情揺さぶられすぎて眠れない」「こわ…けど美しい」など想像を超える衝撃の三角関係に圧倒される声が続出。たとえに告白する前までの愛とはまるで別人のように荒んでいく姿を熱演した山田杏奈に注目だ。


■映画『ひらいて』
絶賛公開中
出演:山田杏奈、作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、芋生悠、山本浩司、河井青葉、木下あかり、板谷由夏、田中美佐子、萩原聖人
配給:ショウゲート


©綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会

関連リンク

  • 10/29 12:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます