岡田准一、畳を転がり背を向けるお茶目な姿『燃えよ剣』本編映像解禁

拡大画像を見る

岡田准一主演の映画『燃えよ剣』から、じれったい恋模様が映し出される本編映像が解禁となった。



歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が土方歳三を主人公に、幕末にわずか6年だけ存在した「新選組」の志士たちの生き様を描いた国民的ベストセラー、『燃えよ剣』が遂に完全映画化。監督・脚本:原田眞人×主演:岡田准一のタッグに加え、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明ら豪華俳優陣が集結する、スペクタクル・エンタテインメント超大作、映画『燃えよ剣』が大ヒット公開中。


約1年半の公開延期を経て10月15日より全国公開された映画『燃えよ剣』。10/16~17の週末映画ランキングでは堂々の1位に輝いた本作から、この度、土方歳三(岡田准一)と沖田総司(山田涼介)の姿を絵におさめるお雪(柴咲コウ)に続き、土方とお雪のじれったい恋模様が映し出される本編映像が解禁となった。


今回解禁となったのは、土方がお雪に自身の“夢”について語るシーン。「池田屋事件」をはじめ、倒幕派勢力の制圧に八面六臂の活躍を見せる新選組の名が世に轟く一方で、大名や天下には興味を示さず、「新選組を日本一の喧嘩屋に育てたいだけ」と静かに胸の内を明かす土方。そんな“バラガキ”時代から変わらぬ土方の本心を知り、お雪はほっと胸をなで下ろす。新選組・鬼の副長として普段は隊士からも恐れられる存在の土方だが、お雪の前では優しい表情を浮かべたり、最後にはキスを迫るもお雪に顔を背けられてしまい、畳を転がり背を向けるお茶目な姿も映し出されており、人間味に溢れた土方の魅力を改めて感じさせる。


運命的な出会いを通して惹かれ合いながらも、時代の大きなうねりに次第に引き裂かれていく土方とお雪。本作鑑賞者からは、そんな二人の切ない関係について、「土方とお雪さんの大人の恋は、互いを思いやる心が美しく切ない」「お雪と土方歳三の美しく切ない愛に感動...」「土方とお雪の絡みに胸きゅんです」「(土方の)強気な眼差しもお雪さんを見つめる優しい眼差しも素敵だった」などと男女ともに共感のコメントがSNSで広がっている。また、本映像冒頭に映る、土方とお雪の恋を誰よりも応援する沖田総司(山田涼介)を含めた3人の関係性を称賛する声も多い。


本シーンについて、メガホンを取った原田監督は、「ちょっと拒絶されたりすると、ふてくされてしまったり(笑)お雪と会うときの土方は可愛らしくてシャイな一面が出ています」とコメント。原作では、架空の人物でありながら、「司馬遼太郎先生にとって特別思い入れのあるキャラクター」である“お雪”については、監督自身思い入れも強いようで、「お雪は原作以上にいろいろな要素を上乗せしているキャラクター。物語としては幕末を描いていますが、お雪というキャラクターに今の時代を映すことも必要でした。なので、彼女の絵を通して時代の流れが分かるように、原作にある画家の要素を大きく広げ、彼女の絵描きとしての変遷、インディペンデントウーマン(独立した女性)になっていく姿も描いています」と解説している。土方とお雪の恋の行方、そして現代に繋がる変革の世・幕末を生きる男女の“絆の物語”の結末をぜひスクリーンで確かめよう。


■映画『燃えよ剣』

大ヒット上映中
出演:
岡田准一 柴咲コウ 鈴木亮平 山田涼介
尾上右近 山田裕貴 たかお鷹 坂東巳之助 安井順平 谷田歩 金田哲 松下洸平 村本大輔 村上虹郎 阿部純子 ジョナス・ブロケ
大場泰正 坂井真紀 山路和弘 酒向芳 松角洋平 石田佳央 淵上泰史 渋川清彦 マギー 三浦誠己 吉原光夫 森本慎太郎
髙嶋政宏 柄本明 市村正親 伊藤英明
原作:司馬遼太郎『燃えよ剣』(新潮文庫刊/文藝春秋刊)
監督・脚本:原田眞人
配給:東宝 アスミック・エース


© 2021 「燃えよ剣」製作委員会

関連リンク

  • 10/29 12:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます