今年の『紅白歌合戦』司会、大泉洋・川口春奈・和久田麻由子アナと発表

拡大画像を見る

このたび、今年の「第 72 回NHK紅白歌合戦」の番組テーマ、 ならびに司会者が発表された。


今回から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を、全員「司会」に統一。 司会は、番組の進行とともに、紅組白組はじめ出演するすべての歌手・アーティストを応援する存在となる。


テーマは「Colorful~カラフル~ 」

去年から続く新型コロナのために、わたしたちの日常の暮らしは変わりました。 

なんとなく彩りの欠けた日々や景色が、当たり前のことになってしまいました。 そんな時代だからこそ、2021年最後の夜は世の中を少しでも「カラフル」に彩りたい、 わたしたちはそうした思いを込めて、紅白をお届けします。 

そして「カラフル」には、多様な価値観を認め合おうという思いも込められています。 あらゆる色が集い、重なり合い、称え合い、素敵な大みそかを彩る。それが今年の紅白です。 

いろいろあったこの1年。みんながんばったこの1年。 だからこそ1年の最後は、みんなで手を取り合い、素敵な歌とともに希望に満ちた 2022年に向かって・・・日本全国津々浦々、大みそかの夜をカラフルに!


司会者

大泉 洋・川口 春奈・和久田 麻由子アナウンサー (50 音順) 


<司会者の起用理由>

2021 年、私たちは、新型コロナウィルスにより、言いようのない不安な日々を過ごしています。 

一方、1年延期された東京オリンピック・パラリンピックが開催され、国内外の選手たちが、ひたむきに競技 臨む姿に、心打たれました。そして、オリンピック、パラリンピックは、多様性を認め合う大切さを私たちの心に残してくれました。

そんな年にお送りする第72回紅白にふさわしいテーマとして「Colorful~カラフル~」を 選び、そして、そのテーマをリードしてくれる方々に司会をお願いすることにしました。 

まず、去年に引き続き、司会をお願いする大泉洋さんです。人気・実力ともに日本を代表する俳優であり、 明るく巧みな話術に、抜群のユーモアのセンスを併せ持っている方です。 木曜夜に放送している「SONGS」の番組責任者でもある大泉さん、歌やアーティストへの熱い思いが、新たな 司会スタイルでお送りする紅白歌合戦をリードしてくれると確信しています。 

川口春奈さんは、紅白初出演・初司会です。大河ドラマ「麒麟がくる」や、来年の連続テレビ小説「ちむどんどん」 への出演など、今、最も注目を浴びている俳優のお一人です。 これまで数多くの映画・ドラマ・CM などに出演されているほか、YouTube でも話題になるなど、活動の幅を広げています。川口さんが、どんな新しい色を紅白歌合戦に加えてくれるか大いに期待しています。 

そして「ニュースウオッチ9」のキャスターで、東京 2020 オリンピック開会式および東京 2020 パラリンピック閉会式の実況も務めた和久田麻由子アナウンサーが、大泉さん川口さんとともに司会を務めます。 

今年の紅白は、NHKホールを離れ、東京国際フォーラムでの開催です。これまでにないスタイルの紅白となりますが、今年も、最高の歌の数々をお届けします。

司会陣の皆さんには、紅白の舞台で感じた、歌や出演者の 皆さんへの思いを存分に、ご自身の言葉で伝えてくださることを期待しています。

大泉洋さん、川口春奈さん、 和久田麻由子アナウンサーがお届けする「カラフル」な第 72 回紅白をお楽しみください。 

第 72 回NHK紅白歌合戦 実施本部長 杉山賢治

関連リンク

  • 10/29 11:18
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます