SNSで話題沸騰!神戸の次世代水族館「アトア」が10月29日にオープン


10月29日(金)、アートとアクアリウムが融合する新しい世界を体現する劇場型アクアリウム「アトア(átoa)」がオープンした。

各ゾーンを象徴するシンボル水槽の数々


各ゾーンにはゾーンテーマを象徴したシンボル水槽のほか約60基もの水槽が設置。


なかでも国内最大を誇る球体水槽(AQUA TERRA)、まるで水面を歩いているかのようなガラス床水槽(MINAMO)などは注目だ。

約100種類3,000点ものいきものたちを展示


同水族館では生物展示にもこだわりが。



魚類のほか、無脊椎動物や両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類など約100種類3,000点もの多様ないきものたちと出会うことができる。

アトアの代名詞“劇場型アクアリウム”


アトアの醍醐味・劇場型アクアリウムを存分に体験するなら「MIYABI」と「PLANETS」の2つのゾーンがおすすめ。

日本の和の空間を演出した「MIYABI」では、光の切り絵作家・酒井敦美氏によるオリジナルプログラムが用意されており、圧巻の切り絵作品を楽しめる。

また、無数の星に囲まれた宇宙空間を表現した「PLANETS」ではレーザーとミストによる演出を楽しめる。


その他にも双方向コミュニケーション・アバターシステム「ATOAChater」によるコミュニケーション体験も見どころだ。

可愛くてインスタ映え間違いなしのFOOD


カフェでは、思わず写真を撮りたくなるような可愛らしいデザインのメニューがずらり。なかでも目を引くのはカワウソメニューだ。ついつい食べるのが惜しくなるデザインも楽しんで。


1階ミュージアムショップでは、水族館らしい可愛いぬいぐるみから、神戸らしいオシャレなグッズまで勢揃いしている。

アトアは日時予約制!

アトアではゆっくり・ゆったり館内を観覧できるよう、時間ごとに人数制限をかけるため日時予約制を採用している。入場料金は大人(中学生以上)が2400円、子ども(小学生)が1400円、幼児(3歳以上)が800円、幼児(3歳未満)が無料となっている。詳細や予約については「アトア」公式サイトで確認を。

いきものたちと出会い、アートや舞台美術を駆使した空間演出で、独創的な世界を堪能してみては。

■アトア átoa
住所:兵庫県神戸市中央区新港町7番2号

画像をもっと見る

  • 10/29 11:07
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます