使いたくなる縁起のいいフランス語の言葉集。おしゃれな単語やフレーズを厳選

拡大画像を見る

縁起のいいフランス語の言葉をご紹介

おしゃれでかっこいいイメージのあるフランス語。そんなフランス語には、縁起のいいものがたくさんあることをご存じでしょうか。今回は縁起のいいフランス語の言葉を多数ご紹介していきます。

響きが素敵な縁起のいいフランス語の単語から、手帳にメモしておくと運気が上がりそうなフランス語のフレーズ、呟くと幸運がやってきそうなフランス語のメッセージまで、幅広く解説していきます。

最近いいことがないと感じている方は、ぜひ縁起のいいおしゃれなフランス語の言葉に触れてみてくださいね。

縁起のいいフランス語の言葉《単語》

縁起のいいフランス語の言葉《単語》
出典:https://www.pexels.com/

まずは縁起のいいフランス語の単語を4つご紹介していきます。フランス語は言葉の響きがおしゃれで美しいものが多く、お店や商品の名前になっているものも多いです。普段の暮らしで本格的なフランス語に触れる機会がない方も、おしゃれで短い単語なら覚えやすく身近に感じますよね。

おしゃれで縁起のいいフランス語の単語はフランスの良さを感じられるものばかり。最近マンネリで気分が上がらないと感じている方は、ぜひ縁起のいいフランス語の言葉に触れて、気持ちを切り替えてみてください!

幸せを呼ぶお守りを意味するフランス語の言葉

fer à cheval

蹄鉄

出典:https://furansu-go.com/

馬の蹄に装着する蹄鉄を意味する単語。蹄鉄はヨーロッパ広域でラッキーモチーフとされており、フランスでも幸福を呼び込むお守りとして人々に愛されています。また、おうちの玄関の扉に飾っておくと、家族を不幸から守ってくれるとも言い伝えられているんです。

そんな古くから伝わる「fer à cheval(フェールシュヴァル)」は、縁起のいいイメージがあることから、フランスの老舗石鹸メーカーの社名としても使われています。

明るい未来を意味するフランス語の言葉

espoir

明るい未来、希望

出典:http://www.avoid.jp/

フランスでは縁起のいい言葉として知られ、お店やブランドの名前でよく使われている「espoir(エスポワール)」。希望や明るい未来といった意味があり、気持ちをポジティブにさせてくれますね。

世界的に知られるローザンヌ国際バレエコンクールでも、かつてエスポワール賞というものがあり、将来性のある方に賞を贈っていました。エスポワールは発音すると美しい響きで、フランス語らしいおしゃれな雰囲気が魅力的です。

幸運のモチーフとなっている昆虫を表す言葉

bête à bon Dieu

神様の虫(てんとう虫)

出典:https://kotobank.jp/

ヨーロッパをはじめ世界各国で幸運の象徴とされているてんとう虫。フランス語では「bête à bon Dieu(ベットアボンデュー)」、直訳すると神様の虫になります。てんとう虫の出現は縁起のいいもの。

中でも、手にてんとう虫がとまるのは大きな幸運が訪れるサインと言い伝えられています。てんとう虫は願い叶えてくれる虫ともされているので、今度からてんとう虫を見つけたら、縁起のいいものだと思ってみてくださいね。

幸運を招く植物を表すフランス語の言葉

Trèfle à quatre feuilles

四つ葉のクローバー

出典:https://ja.myecom.net/

「Trèfle à quatre feuilles(トレフル ア キャトル フイユ)」は、日本でも縁起のいいものと知られている四つ葉のクローバー。フランスでも幸福を招く植物となっており、見つけると幸せなことが起こると信じられていますよ。

四つ葉のクローバーのそれぞれの葉には、「誠実」「希望」「愛」「幸運」の意味が込められていて、とても縁起のいいものです。もしどこかで見つけたら、大切に持っておくといいでしょう。

縁起のいいフランス語の言葉《フレーズ》

縁起のいいフランス語の言葉《フレーズ》
出典:https://www.pexels.com/

ここからは縁起のいいフランス語のフレーズを見ていきましょう。先ほどご紹介した単語よりも少し長いものが多く、紙に書きだしてみるとおしゃれでかっこいい言葉が多いです。

自分の日々のモチベーションを上げるのにも役立ちますので、気に入った言葉やフレーズはよく使う手帳やノートにメモしておくのもいいでしょう。

また、誰かにプレゼントを渡すときのメッセージカードに書き添えてもおしゃれですよ。ぜひお気に入りの縁起のいいフレーズを見つけてみてください。

好きな人に送りたいきれいなフレーズ

Je vous souhaite beaucoup de bonheur.

たくさんの幸せが訪れますように

出典:https://monpetitcahier.com/

こちらはメッセージカードやお手紙にそっと書ける素敵なフランス語のフレーズです。「beaucoup」は「たくさんの」、「souhaite」は「願い」「望み」という意味で、フランスでは相手の幸せを願うときによく使われますよ。

相手の幸せを望む気持ちが伝わる言葉やフレーズを口にすると、自分の気持ちも自然とポジティブなものになりますよね。縁起のいい言葉がたくさん含まれているフレーズを覚えて、楽しく生きていきましょう。

手帳に書き込みたいフランス語のフレーズ

pas à pas

一歩ずつ

出典:https://pasapas21.jimdofree.com/

フランス語の短くて可愛いフレーズは、手帳やノートに書き込めておすすめ。自分のモチベーションをアップさせたいときに、こちらの言葉をサッと書き込んでおくとおしゃれでいいでしょう。どんなことも一歩ずつ、着実にコツコツこなしていければ、いつかはきっと成功するはず。

早いスピードで物事を進めていくことができなくても、一歩ずつ進んでいけば後退することはないと考えられたら、素敵ですよね。派手なフレーズではないですが、おしゃれで縁起のいい言葉ですので、ぜひ活用してください。

悲しいときに読みたいフランス語のフレーズ

Après la pluie, le beau temps.

雨のあとでは良い天気

出典:http://proverbes.kitakama-france.com/

雨が降った後には青空が広がる、やまない雨はないという意味のフランス語。フランスではよく使われる熟語表現です。不運に巻き込まれた友人や知人を励ましたり、自分の気持ちが落ち込んだりしたときに使える言葉と言えるでしょう。

嫌なことが連続して起こると「ずっとこのままなのでは…?」と、気分が落ち込んでしまうこともありますよね。そんなときには、やまない雨はないと縁起のいい言葉を心に留めながら、日々を過ごしてみてください。

フランスらしいおしゃれな縁起のいい言葉

Mariage pluvieux, mariage heureux

雨の日の結婚式は、幸せな結婚になる

出典:http://chocolatwine.blogspot.com/

こちらは、結婚式にまつわる縁起のいいフランスの言い伝えです。せっかくの結婚式に雨が降ってしまうと、少し残念な気持ちになってしまう花嫁さんも多いはず。

しかし、フランスでは結婚式に雨が降ることによって、新郎新婦が流すであろう一生分の涙を神様が代わって流してくれると考えられています。おしゃれかつ縁起のいい言葉ですよね。

結婚式が雨予報になって残念がっている花嫁さんに出会ったときには、こちらのフランス語のおしゃれなフレーズを教えてあげると、きっと喜ばれますよ。

日本との違いを感じられるフランス語のフレーズ

Araignée du matin, chagrin, araignée du soir, espoir.

朝のクモは悲しみ、夜のクモは希望

出典:https://archive.nippon.fr/

日本では「朝のクモは殺すな」という迷信が伝わっていますが、フランスでは夜のクモが縁起のいいものと考えられています。クモが巣を作るときは大気が安定し、いい天気が続くことが予想されるからで、夜にクモが巣を作っている場合には次の日は晴れると言われているようです。

日本の迷信では天気は全く関係ないので、別のものとして考えてみてください。こちらもよく使われるフランス語の縁起のいいフレーズですので、知っておいて損はないでしょう。

縁起のいいフランス語の言葉《メッセージ》

縁起のいいフランス語の言葉《メッセージ》
出典:https://www.pexels.com/

最後に、縁起のいいフランス語のメッセージを5つご紹介します。フランスを代表する偉人の残したメッセージや古くから伝わることわざなど、幅広くピックアップしました。異国の言葉、フランス語のメッセージでも読んでみると、「なるほど!」と感じるものがたくさんあります。

縁起のいいフランス語のメッセージに触れて、気持ちをリフレッシュさせてみてください。あなたの毎日が少しずつ豊かになっていくかもしれません。

偉業を成し遂げた英雄の言葉

Impossible n'est pas français.

フランス語に不可能という言葉はない

出典:https://rootsnote.com/

フランスの偉人・ナポレオンが当時の副官ルマロワ将軍に送った手紙に書き残したフランス語のメッセージです。日本では「フランス語」の部分が「予の辞書」と訳されて定着していますが、原文は上記の通り。

軍人だったナポレオンはフランス革命後の混乱を治め、1804年にフランスの皇帝まで上り詰めます。人々が難しいと思っていたことを成し遂げたナポレオンの言葉は、力強く運気を上げたいときにおすすめです。自分を奮い立たせたいときに、こちらの言葉を思い出してくださいね。

準備することの大切がわかる言葉

le hasard ne favorise que les esprits préparés

幸運は用意された心のみに宿る

出典:https://www.weblio.jp/

世界的に有名なフランスの科学者であるルイ・パスツールが残したフランス語のメッセージです。「幸運の女神は、準備を終えた者のところにしか現れない」「準備を怠る者には、チャンスは決して訪れない」など、さまざまな意訳がされています。

きちんと準備をして整えておけば、きっとチャンスは来るはず。気持ちを前向きにして、日々の行動を積極的なものに変えてくれる縁起のいいメッセージですね。叶えたい夢や目標があるなら、いつ幸運が訪れてもいいように心も体も整えておきましょう。

早起きが得意になるかっこいい言葉

l'avenir appartient à ceux qui se lèvent tôt.

早く起きる者は、未来を手にする

出典:https://hitsujiji.ti-da.net/

朝早く起きた人は未来を手に入れられるという意味の言葉。フランスには古くから伝わっています。こちらの言葉は、日本のことわざ「早起きは三文の徳」に似ているので、すぐにいいイメージを持てますね。

素敵な未来を手に入れたいなら、早起きをして行動するのが吉。勉強でも運動でもちょっとしたことからコツコツ始めていけば、未来は今より素敵なものに変化していきます。縁起のいいフランス語を心に刻んで毎日を過ごしてみると、運気がアップしていきそうですね。

望みを引き寄せる縁起のいいメッセージ

La fortune vient en dormant.

財産は眠っている時にやって来る

出典:http://proverbes.kitakama-france.com/

こちらもフランスに古くから伝わることわざで、日本の「果報は寝て待て」に近いと言われていますよ。どんなに努力を重ねても、いい結果に恵まれないときに思い出したい縁起のいい言葉です。

こちらの言葉にあるように、ある程度の努力をしたら焦らずにタイミングを待ってみましょう。待つことを恐れずにどっしりと構えていたら、そのうち願いや望みが叶うかもしれませんよ。焦っているときこそ、余裕を持って気持ちを落ち着かせることが大切ですね。

思いがけない幸運に恵まれるという意味の言葉

Les cailles rôties lui tombe dans la bouche

棚から牡丹餅

出典:http://webdico.com:8080/

こちらのフランス語を直訳すると、「ローストしたウズラが口の中に落ちてくる」となります。日本に古くから伝わる「棚から牡丹餅」と同じで、思ってもいない幸運に恵まれるという意味。日本とフランス、言葉や文化が違うのにも関わらず、同じような意味の縁起のいい言葉があって面白いですね。

想定外のラッキーはなかなか起こらないものですが、縁起のいい言葉に触れて生活すると毎日が楽しくなるはず。辛いなと感じたときは、フランス語の縁起のいい言葉を思い浮かべて、明るい気持ちになってみてください。

縁起のいいフランス語の言葉まとめ

おしゃれなフランス語の中でも、縁起のいいフランス語を詳しくご紹介してきました。縁起のいいメッセージには日本のものにも通ずるものがあって、その考え方に共感しやすいと感じた方も多かったのではないでしょうか。

縁起のいい言葉は読むだけで気持ちを前向きにさせてくれて、毎日の暮らしも少しハッピーになりますよね。

今回ご紹介したフランス語以外にも、縁起のいいおしゃれなフランス語はたくさんあります。時間のあるときに調べてみると気分転換になっていいかもしれませんよ。

関連リンク

  • 10/29 1:00
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます