EXILE HIRO「スーパースターを必ず作る」 プロダンスリーグ「D.LEAGUE」に全力投球宣言

拡大画像を見る

2021年11月14日から2022年6月5日まで開催する「D.LEAGUE21-22」。初シーズンの9チームに2チーム加わり、2ndシーズンでは全11チームがチャンピオンを目指す。

プレスカンファレンスではその11チームのパフォーマンスを、D.LEAGUEにオフィシャルアンセムを提供したクリエイティブユニット「PKCZ(R)」のEXILE MAKIDAI、DJ DARUMA、白濱亜嵐がサポートした。「D.LEAGUE21-22、盛り上がっていきましょう!」と呼びかけた白濱が、次々に参加チームを呼び込んで各チームがミュージックに乗せてエネルギッシュなダンスを披露した。

2ndシーズンについてEXILE MAKIDAIは「前回のシーズンもDリーガーの皆様の熱いダンス、パフォーマンス、そしてチームとしての攻防戦、本当に素晴らしかったので、このプレスカンファレンスから新たなストーリーが始まるのをとても楽しみにしています」、DJ DARUMAは「前シーズンも観ながらDJブースで思わず涙してしまう場面もあったので、今シーズンも新たなドラマが生まれることをとても期待しています」と声を弾ませた。そしてEXILEとGENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーでもある白濱亜嵐は「前回のシーズンもEXILE TRIBEでも話題になっていましたし、僕自身もパフォーマーとして刺激を受ける部分がたくさんあったので、今シーズンはどんなダンスを観られるのか、どんなスペシャルなダンサーさんが出てくるのかすごく楽しみにしています」とパフォーマーならではの視点で期待を込めた。

またD.LEAGUEを主催する株式会社Dリーグのチーフクリエイティブアドバイザーを務めるEXILE HIROは、11チームのパフォーマンスに「すごいエネルギーです」と口にしてから、「リハーサルを観させていただいたんですけど、パワーアップしていますし、2チーム新たに加わるということで自分もワクワクしています」と胸を踊らせている様子。そして「ルールが新しくなったり、1stシーズンからよく改善されていると思います」と述べて、「D.LEAGUEのダンスの深みをより感じれるのかなと自分も楽しみですし、ダンサーだけでなくて多くの人に伝わるようなエンターテイメントにして盛り上げていきたい」と意欲を見せた。

そしてD.LEAGUEでの目標を3つ掲げたEXILE HIRO。1つめは「子供たちの夢がここに集まるようなそんな場所に絶対にしていきたい」と希望して、2つめとして「Dリーガーの中からスーパースターを必ず作ること。そこからいろいろなことを世の中に発信しやすくなるので、スーパースターを必ず作りたい」と宣言。加えて3つめとして「世界初のD.LEAGUEという画期的なエンターテイメントを世界に発信していきたいですし、日本の底力を世界に見てもらいたい。そこに自分の全バワーを注いで頑張っていきたい」と全力投球を誓った。かつてダンサーとして活躍し、現役を退いてからはダンサーを育てるなど長年ダンスに関わってきたEXILE HIROだけに重みのある言葉だろう。

11月14日の開幕戦出演順は、各チームのオーナーがくじ引きで決めたが、トップバッターは初参戦の「dip BATTLES」が務めることになった。これを皮切りに繰り広げられる熱い戦いは会場だけでなく公式アプリを含め10プラットフォームの生配信でも楽しめる。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

関連リンク

  • 10/29 9:48
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます