実は好きな訳ではないんです…女性が言いがちな“男性へのお世辞”4つ

男性の皆さんは、女性からの言葉をそのまま鵜呑みにして有頂天になってはいませんか。
女性からの嬉しい言葉を本気にしてうかれていても、実はその言葉はただのお世辞かもしれません。

今回は実は好きな訳ではない、女性が言いがちな“男性へのお世辞”を4つご紹介します。

(1)「すてきですね」



女性の言う「すてき」という言葉は、お世辞としての褒め言葉でよく使われる単語です。
同僚・上司・部下・友人と、相手を選ばずに使えることから、便利な褒め言葉のひとつになっています。

また「すてき」という大人らしい響きから、女性の品位も感じさせる単語として、意識的に取り入れている女性も多いでしょう。

(2)「頼りにしてます」



女性に頼りにされれば思わずはりきってしまう、それが男心でしょう。
そこを女性はうまく男心をくすぐり、手玉にとっていることも少なくありません。

(3)「かっこいいですね」



「かっこいい」という言葉は、女性からの最高の褒め言葉にも感じられることから、男性冥利に尽きるという男性も多いかもしれません。

しかしその「かっこいい」という言葉、ただのリップサービスのつもりだったり、場の雰囲気を盛り上げるためのある種の冗談の可能性もあります。

女性は本当に「かっこいい」と思っている男性には、やすやすと本心は明かさないものです。

(4)「すごいですね」



女性から「すごい」と褒められて、嫌な気分になる男性はかなりの少数派でしょう。

「すごい」という言葉は、男性のやる気に火をつけることで仕事の効率化につながったり、その男性の背中を押して鼓舞する言葉でもあります。

必ずしも好意からくる言葉であると思い込まないようにしましょう。


女性は意中の男性に対しては、できるだけ会話が続くように、さまざまなリアクションや相槌をとるものです。
女性から一言二言お世辞の言葉を返されただけでは、その女性を脈ありだと判断するのは早いでしょう。

会話中に相手の様子をよく観察し、その言葉が本心なのかお世辞なのか、注意深く意識することが大切です。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/29 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます