母乳拒否が続くなら搾乳はやめるべき!? でも、やめる決心がつかない!【あり子のワーママ奮闘記 Vol.16】

こんにちは、宝あり子です。

■前回のあらすじ
赤ちゃんの母乳拒否が続き、私自身を否定されているような気持ちになってしまい…。

里帰り中だったので、搾乳している間は両親が娘をみてくれました。

「私の母乳がしっかり出ていれば、搾乳しなくても直接飲んでくれたのかな?」

そう思いながら搾乳していました。

そんなある日、搾乳が終わったので娘と実父のところへ行きました。

そして、ついポロっとこんな言葉がでました。

そして、ついポロっとこんな言葉がでました
母乳が出ないことに対する負い目から、自然と「ごめん」という言葉が出ていました。

すると父が…。

すると父が…
「量なんて関係ないじゃん」

「ママが頑張ってくれたこと、ひよちゃん嬉しいと思うよ」

そう言いました。

授乳拒否でマイナス思考になっていた私は、この父の言葉に救われました
「ひよこは私のことが嫌いなのかな?」

授乳拒否でマイナス思考になっていた私は、この父の言葉に救われました。

落ち込んでいた気持ちは、少し落ち着きました
落ち込んでいた気持ちは、少し落ち着きました。

その後も母乳は飲んでくれず、搾乳+粉ミルクの日々でした。

しかし、生後20日目にしてついに…。

初めて飲んでくれたとき、とても嬉しかったです
初めて飲んでくれたとき、とても嬉しかったです。

「これからは搾乳しなくても直接飲んでくれるかな?」

という期待もありました。

しかし翌日には…。
 
 

再び母乳拒否
再び母乳拒否。

そう思うと、搾乳をやめる決心がつきませんでした
そう思うと、搾乳をやめる決心がつきませんでした。

搾乳しながら母乳を飲んでくれる日を待ち続けました。

そんな中、ついに里帰りが終わりました。

里帰り中は私が搾乳している間、父や母が娘をみていてくれました。

しかし、里帰りが終了すると、家事育児の合間に搾乳することがむずかしい…!

抱っこしないと泣いてしまう娘を膝に乗せて、なんとか搾乳をしていました。

しかし、だんだんと搾乳の頻度も減っていき…。

搾乳は1日に1~2回くらいになりました
搾乳は1日に1~2回くらいになりました。

抱っこしないと寝てくれないので、夜中ずっと抱っこしていることもありました。

母乳拒否が続くなら搾乳はやめるべき!? でも、やめる決心がつかない!【あり子のワーママ奮闘記 Vol.16】
「夜中だし部屋を明るくない方がよいかも…」

「テレビの音や光も刺激になってしまうかもしれない…」

そう思って暗い部屋で、夜中ひたすら赤ちゃんを抱っこしていました。

初めての育児でなにもかもが手探りで、力の抜き方も分かりませんでした。

寝不足で疲弊していても粉ミルク一択にする決心がつかず、なんとか搾乳を続けていました。

しかし、ついに粉ミルク一択にするきっかけがありました…。

次回に続きます。
 
 

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/29 9:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます