「イケメンなのにダサい男性」にファッション改善を促す一言9パターン

顔の造りは悪くないのに服装が壊滅的にダサい男性が身近にいたら、なんとも歯がゆい気持ちになってしまうもの。そんな「惜しいイケメン」にファッション改革を促すには、どうやって背中を押してあげるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『イケメンなのにダサい男性』にファッション改善を促す一言」をご紹介します。

【1】マネキンや広告を指さして「ああいう服を着るとモテるよ」と耳打ちする
「モテるっていうのは効くみたいですね」(20代女性)というように、具体例を示してファッション改革を促すパターンです。一度だと「またまたー」と流されるかもしれないので、くり返し伝えたり、第三者に賛同をもらうなどしてその気にさせましょう。

【2】「イケメンなんだから、もうちょっと頑張れば?」ともったいない感を出す
「イケメンと言われて悪い気がする人はいないはず」(20代女性)というように、素材の良さを指摘してファッション改革を促すパターンです。「メガネを取ったら…」「髪型を変えたら…」と仮定して、誰か芸能人に似ていると言うのも説得力があるでしょう。

【3】「ここを変えればもっとカッコいい」とアイテムの入れ替えや別の着こなしを提案する
「ちょい足しじゃないですけど、ちょっとした努力で見違えるってことを理解させる」(20代女性)というように、意外とオシャレは楽ちんだと教えてファッション改革を促すパターンです。実際にスタイリングしてあげて変わり映えを実感させるといいでしょう。

【4】「なんでこう組み合わせるかな…」とあえて厳しめコメントでNGを突きつける
「自分でオシャレだと思っている残念男はディスって伸ばす」(20代女性)というように、センスがなっていないと批判してファッション改革を促すパターンです。もっとも、大勢の前で指摘すると本人がへそを曲げてしまうので、あくまで耳打ち程度に留めるのがポイントでしょう。

【5】「知り合った頃はダサいと思ってた」と少しでも成長しているところを褒める
「今だから言うけどヤバかったよね、みたいな感じでいじめる(笑)」(20代女性)というように、わずかでもセンスが磨かれていることを評価しつつファッション改革を促すパターンです。ビフォーアフターの写真などを用意すると、本人もピンとくるかもしれません。

【6】「コーデなんて難しくないんだよ」と組み合わせの法則を教えてあげる
「トップスが明るめでボトムは暗め、柄と柄はあわせない、とか基本的なことを叩き込みます」(20代女性)というように、ファッションの法則を伝授して、ファッション改革を促すパターンです。特に理系男性は、理詰めで攻めると響きそうです。

【7】「高い服じゃなくてもオシャレに見える」とプチプラ服でいいと安心させる
「オシャレ=お金がかかるという固定観念を壊す」(20代女性)というように、予算が少なくてもOKだと安心させて、ファッション改革を促すパターンです。ファストファッション店に連れて行って「ほら、こんなに安い」と実物を見せるとよいかもしれません。

【8】「今度服買うときは絶対に相談して」とショッピングへの同行を申し出る
「ダサい人は服を買う店からして間違ってるので」(20代女性)というように、服選びから手取り足取りケアして、ファッション改革を促すパターンです。相手も気分が乗ってくるようなら、いっそのこと自分好みの服を買わせてしまうのもおもしろいでしょう。

【9】「一回家に行くから洋服見せて」と自宅を出る前にコーデを一緒に考えてあげる
「ワードローブは悪くないのに組み合わせが悪い人にはこの手が効きます」(20代女性)というように、家にお邪魔してレクチャーし、ファッション改革を促すパターンです。手持ちの服で一週間分セットにしてあげると「この人なしじゃ生きていけない」と思ってもらえるかもしれません。

いずれにせよふんわりとした指摘ではなく、具体的に指摘して褒めるのがその気にさせる近道と言えるでしょう。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/29 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます