「おかえりモネ」百音(清原果耶)&菅波先生(坂口健太郎)、“2年半ぶり”再会でハグ「最後まで素敵」と感動の声

【モデルプレス=2021/10/29】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)の最終話「あなたが思う未来へ」が29日、放送された。清原演じる永浦百音と坂口健太郎演じるその恋人である医師・菅波光太朗のシーンに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

◆清原果耶ヒロイン「おかえりモネ」

連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・清原演じる永浦百音が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。

◆百音(清原果耶)、菅波先生(坂口健太郎)と再会

気仙沼で働く百音と東京の病院で働く菅波。物語は進み2020年から数年後、海辺に佇む百音の元へ菅波がやってきた。

新型コロナウイルスの影響で2年半会うことができていない2人だったが、ハグを迎え入れる姿勢を作った菅波に、百音が「いいんですか?」と聞くと、菅波が「もう大丈夫だと思いますよ」と告げ精一杯のハグ。百音は改めて「本当にお疲れ様でした」と医師である菅波を労うのだった。

◆百音(清原果耶)&菅波先生(坂口健太郎)のハグに反響

気仙沼でようやく再会したことが描かれた2人。

今回の放送を受け、視聴者からは「やっと会えたんだね」「2人のハグ、泣ける」「2年半を超えて会えたんだ」「最後まで素敵な2人」「2人が会えて良かった」など多くの感動の声を呼んでいる。(modelpress編集部)

情報:NHK


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/29 8:41
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます