元TOKIO長瀬智也「最後の主演作ドラマ」TBS『俺の家の話』授賞式不在で際立つ「スターな男」の持ってる感

拡大画像を見る

 10月27日に行われた『東京ドラマアウォード2021』にて、宮藤官九郎(51)が脚本、主演をTOKIO・長瀬智也(42)が務めたドラマ『俺の家の話』(TBS系)が「作品賞 連続ドラマ部門」グランプリを獲得した。さらに本作に出演していた西田敏行(73)が助演男優賞、江口のりこ(41)が助演女優賞を獲得。三冠を達成した。

 ちなみに、主演男優賞は『エール』(NHK)の窪田正孝(33)、主演女優賞は『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)の綾瀬はるか(36)がそれぞれ受賞した。

「宮藤は“寿一は長瀬くんにしかできなかった。そこから話を膨らませて行った”“長瀬くんも西田さんも、キャストの皆さん、それぞれがよかった”と感慨深く語っていました。長瀬が3月末に芸能界を引退していることもあって、ネットでは《長瀬智也に、主演男優賞あげたかった。彼がいたからこその作品。素晴らしかった》という声もありますね」(女性誌記者)

『俺の家の話』は、ピークを過ぎたプロレスラー・寿一(長瀬)が25年ぶりに実家に戻り、能楽の人間国宝である父(西田敏行)との介護と遺産相続の問題に立ち向かうホームドラマ。最終回の衝撃的な展開と、現実の長瀬智也とのシンクロぶりが、当時大いに話題になった。

「それとなく伏線は張られていましたが、最終回直前に起きた事故で、実は寿一(長瀬)が死亡して幽霊になっていたことが判明。しかも、ラストシーンでは結局また幽霊として戻ってきてしまい長州力に絡んだり、ステージにマイクを置いて引退し伝説となった山口百恵を彷彿とさせる、“プロレスのマスクを脱ぎ捨てて、それがアップで映るという終わり方でした。

 当時は“役者・長瀬の引退”と、“いつでも戻ってきていいんだよ”というメッセージ性も感じる最終回と話題になりましたが、この展開は長瀬の退所を受けてのものではなかったんです」(前同)

■長瀬は「持っている男」

 プロデューサーの磯山晶氏は、ドラマ公式サイトのインタビューで

「企画当初から寿一のモノローグ『これは俺のいない俺の家の話だ』は決めていたのですが、どうやってそれを描くか、は決めていませんでした。でもその後、長瀬くんが事務所を辞めることが決まった時に、宮藤さんと『結末を変えようか?』と話し合い、長瀬くんにも相談しました。

 でも彼は『え?なんで?変えなくていいんじゃない?』と言うので(笑)、初志貫徹しようということになりました。だから辞めるから、死ぬことにしたのではないんです」

 と語っている。もちろん引退が決まってからがぜん「悔いのない作品にしよう」という気持ちは強まったと思うが、死亡エンドは決定事項だったのだ。

「スターならではの“持っている”エピソードですよね。そんな長瀬ですが、今回の受賞とは別のところで最近注目されていました」(前出の女性誌記者)

 受賞4日前の10月23日、長瀬はインスタグラムを更新。オートバイチューニングなどを手がける株式会社ヨシムラジャパン代表の吉村不二雄氏と笑顔を見せ、パーカー姿でひげを生やした最新ショットをアップしていた。ここにケーキが映っていたのだが、『ヨシムラジャパン』公式インスタグラムでは授賞式のあった27日に、

《吉村社長のお客様が2021年EWC年間チャンピオン獲得祝いとしてケーキをプレゼントしてくださいました》

 と改めてケーキ単体の写真を投稿。“吉村社長のお客様”とは、長瀬のことだと思われる。

■復帰の意思がないのは残念だが…

「結果的に、『東京ドラマアウォード2021』の受賞式当日に、長瀬の用意したケーキの写真がインスタグラムに投稿されたわけです。偶然とはいえ、あまりにタイムリーですよね。

 また、9月17日にも、宮藤と長瀬がタッグを組んだことで知られる00年のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)に関した、嬉しいサプライズがありました」(専門誌記者)

 17日にスポーツブランド・ナイキの公式サイトでスニーカー「ジョーダン」ブランドのプロモーションの一環として制作されたPVに長瀬がサプライズ出演し、『IWGP』で演じたマコトの恋人・ヒカル(加藤あい/38)からプレゼントされたものと同じ型のジョーダンを履いて登場したのを、「長瀬なりのオマージュ」と話題になったのだ。

「惜しむらくは、今回の『ドラマアウォード』に直接リアクションしていないほか、長瀬はあくまでも”自分は芸能人ではない”というスタンスを貫き、9月2日号の『女性セブン』(小学館)の取材では“俺は、芸能プロダクト的な考えはもう一切ない”と明言していることです。長瀬の復帰を望む声は多いですが、しばらく俳優・長瀬は拝めなさそうですね」(前同)

 改めて、「気が向いたら帰ってきてもいいんだよ」という思いを強く感じた『俺の家の話』の最終回を思い出すーー。

関連リンク

  • 10/29 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます