橋下徹、衆院選「維新」大阪“ほぼ制覇”の大勝利予想!「第三党」躍進で「議員復帰&総理の道」再開「2万%ない」?

拡大画像を見る

 衆議院選挙の投開票日が10月31日に迫っている。

 岸田文雄首相(64)は、政権維持に最低限必要な「与党で過半数」獲得を勝敗ラインに掲げている。NNNと読売新聞、また、FNNなどが行なった情勢調査、世論調査によると、自民党と公明党の与党で過半数を超える勢いではあるものの、自民党は議席を減らし、単独で過半数を維持するのは微妙な情勢だという。

 そんな中、存在感を放っているのが日本維新の会(以下、維新)だ。10月28日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、176選挙区の衆院選当落予想記事を掲載。公示前10だった維新の議席数は28席にまで増え、自民党、立憲民主党に次ぐ「第三党」にまで躍進すると予想している。

 特に、大阪府の19の選挙区では立憲の辻元清美候補(61)が出馬している10区と維新の候補が出馬していないすべての選挙区で維新の候補が当選するのではないかと予想している。

「維新の躍進が現実のものとなれば、橋下徹氏(52)は政界に戻って来る、と見られていますね」(夕刊紙デスク)

 元大阪府知事、大阪市長、大阪維新の会初代代表、日本維新の会代表を務めた橋下氏は現在、コメンテーターやMCとしてテレビなどで活躍する中、大阪維新の会の法律顧問も務めている。

「自民党の過半数割れは濃厚と見られています。当然、公明党との連立与党となるわけですが、公明党だけに頼りっぱなしだと同党に大きな顔をされてしまう。自民党の中にはそれを嫌がっている人も少なくない。そのため、維新を入れて3党での連立与党にしたいという意向があるといいます。

 また、橋下氏を含め、維新と自民党とは政策内容が近い。さらに、橋下氏と安倍晋三元首相(67)、現在の維新代表・松井一郎氏(57)と菅義偉前首相(72)は蜜月の関係にありましたからね」(前同)

■改憲派「高市政権」誕生で日本維新の会が合流か

 2020年6月、安倍元首相は橋下氏がホストを務めている『NewsBAR橋下』(ABEMA)に出演し、対談を繰り広げた。

「安倍元首相の悲願だった憲法改正は任期中には実現しませんでしたが、橋下氏もかねてより改憲派として知られています。『NewsBAR橋下』では、橋下氏が自身の憲法改正論を安倍元首相に熱く語りましたよね。

 また、永田町では、岸田政権は“隠れ高市政権”だという見方もあるんです。岸田首相の次は高市早苗政調会長(60)が総理大臣になることは自民党内の合意事項だという話も……。岸田首相は、早ければ来年の参院選前に理由をつけられて勇退する可能性もあるとささやかれていますし、長くても1期3年とも言われていますね」(前出の夕刊紙デスク)

 高市氏は10月1日の記者会見で「憲法改正の実現に向けた項目は柱としてしっかりと立てる」と話している。

「今年3月にはNTTからの接待問題が浮上した総務大臣時代の高市氏に対し、橋本氏が批判を展開したこともありました。しかし、もともと2人の考え方は近い。また最近、靖国参拝への高市氏の考えに橋下氏がエールを送る場面もありましたね」(前同)

 9月26日放送の『日曜報道 THE PRIME』(フジテレビ系)には、自民党総裁選に出馬した岸田首相、河野太郎自民党広報本部長(58)、野田聖子内閣府特命担当大臣(61)とともに橋下氏が出演。

 総理大臣就任後も靖国神社参拝の意向を示している高市氏に対し、橋下氏が「高市さん、ぜひ、その信念を貫いて行っていただきたいと思うんですが、もし行っていただけなかったときには施設のあり方も含めて、そこはしっかり考えていただきたいと思います」と呼びかける場面があった。

「憲法改正を推し進めるのであれば、自民党は公明党との連立を解消して改憲派の維新と連立を組む可能性も十分にあります。そして、高市政権になって維新が与党になる場合には橋下氏が政界に復帰する、と言われていますね」(同)

■政界復帰は「2万%ない」と断言の橋下徹氏には“前科”あり

 7月12日の『Live News イット!』(フジテレビ系)に出演した橋下氏は、MCの加藤綾子(36)から政界復帰について問われると「そんなことやったら、せっかく民間人としてこういう仕事をいろいろさせてもらってるのに全部なくなるし、政治家になろうものならボロカスに文句言われるじゃないですか。ちょっと一言、二言失敗しただけで僕みたいなコメンテーターにボロカス言われるでしょ、もうヤダ」と否定。

 加藤に「頭の片隅にも?」と念を押されても「ない」と即答し、さらに「2万%ありません」とコメントした。

 橋下氏は2007年に大阪府知事選に出馬する前にも「2万%出ない」と明言していた。

 2019年9月の『マルコポロリ! 元大阪市長 橋下徹ぶっちゃけSP』(関西テレビ)に出演した橋下氏は当時、出馬に至った経緯について説明。

 関西経済界の重鎮だった堺屋太一氏(享年83)と会談した際、大阪府知事選への出馬を直接打診されたものの、「出馬すればテレビに影響が出ます。返事にはしばらく時間がほしい。このことはくれぐれも内密にしていただきたい」と要請。

 堺屋氏は「大丈夫だ。秘密を守るメンバーだけで進めているから」と言ったものの、会談の2日後に新聞に「橋下出馬」と掲載されてしまったという。そこで出た言葉が「2万%出ない」で、当時は「本当に出馬するつもりはなかった」と明かしている。

 しかし、フリーアナウンサーの辛坊治郎(65)や島田紳助氏(65)、やしきたかじんさん(享年64)などに説得され、出馬に至ったという。

「“2万%出ない”と言った直後に出馬した経緯がありますからね。橋下氏の政界復帰は十分に考えられる。“僕は議員票を集められないけど、有権者の票は集められる”とも言っていますから、お膳立てが整えば“連立与党の党首”として政界に復帰して、さらにそこから総理大臣の座を目指す可能性は十分に考えられますね」(前出の夕刊紙デスク)

 将来、高市政権が実現すれば、橋下氏は政界に復帰、さらに総理大臣への道を再び目指すのだろうか――まずは10月31日の投開票の結果に注目したい。

関連リンク

  • 10/29 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • あきひろ

    10/29 17:57

    維新は結局何がしたいのか判らない。党の存在意義も含めてしっかり考えていったほうがいいのでは?

  • いち(

    10/29 13:00

    既存の物を有効利用しない、初期費用の掛かる改革?大好きな維新は嫌いです。

  • 橋下弁護士が復帰するのかわからない。

記事の無断転載を禁じます