TBS安住紳一郎アナ『THE TIME』爆上げ視聴率「6%」受けと『水曜日のダウンタウン』遠隔あのちゃん絶大効果で急上昇『ラヴィット』がついに「韓流ドラマを倒した」!

拡大画像を見る

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(48)と俳優の香川照之(55)がMCを務める同局系朝の情報番組『THE TIME,』(TBS系)が、10月27日の平均世帯視聴率が6.0%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率3.2%を記録した。

 10月1日の初回放送の平均世帯視聴率は6.5%、個人視聴率3.4%と好スタートを切ったものの、以降は世帯4%台が続いていた。

 しかし、10月21日を皮切りに5%台に突入。週明けの同月25日には開始1か月足らずで大幅なリニューアルを断行したことも話題を呼んだ。

 25日の番組冒頭、安住アナは「“朝のテレビ番組は時計代わり”とよく言われます」と切り出し、「“いつものコーナーをいつもの時間に”、これが業界の鉄則なんですが、この『THE TIME,』、番組開始1か月経たずして、今日大幅に構成を変更いたします」と説明した。

 これまで6時台後半にあった系列局からの列島中継を7時台に移行したほか、7時台最初に放送していたニュースを7時10分に持ってくるなど、始まったばかりの番組としては異例とも言える大規模リニューアルを敢行したのだ。

「6%台に突入できたのはリニューアルが奏功したからなのかもしれませんね。視聴者のニーズにしっかりとアジャストし、躊躇することなくすぐに実行に移すというのは、さすが安住アナですよね。

 朝の情報番組は“視聴習慣”がついているため、視聴者それぞれ、各家庭によって見る番組が決まっている。にもかかわらず、新規の視聴者を連れてくる。やっぱり安住アナと香川さんはすごい、と感心しているテレビマンも少なくないのではないでしょうか」(制作会社関係者)

 日増しに視聴率を上げる好調の『THE TIME,』に引っ張られる形で、麒麟・川島明(42)がMCを務めている『ラヴィット!』(TBS系)も数字を伸ばしているという。

 NHKの『あさイチ』の“朝ドラ受け”のように、『THE TIME,』の安住アナ、香川と『ラヴィット!』の川島による“番組リレー”を行なっている両番組。

「3月末の番組開始以来、視聴率がずっと低迷している『ラヴィット!』ですが、かねてより『THE TIME,』がスタートすれば数字が向上するのでは、とも言われていました。『THE TIME,』を見ていた人が、チャンネルをそのままにして見てくれるということですよね。実際、番組関係者が“10月まで我慢しましょう”と言っていたぐらいですからね。

 そしてそれがついに結実したわけです。10月27日の『ラヴィット!』の世帯視聴率は3.4%を記録。これは“事実上”の過去最高記録でしょう」(前同)

■松山英樹選手なしで韓流ドラマに勝利

 4月12日の『ラヴィット!』は世帯視聴率5.6%を記録。ただ、この日はTBS『マスターズゴルフ2021』の最終日が前番組として放送されており、松山英樹選手(29)が悲願の初優勝を果たしたのだ。

 これにより、『ラヴィット!』は通常より約20分遅れてスタート。松山選手の歴史的優勝を受けてスタートしたこともあり、視聴率を伸ばした。

「ただ、マスターズの放送が終わり、『ラヴィット!』がスタートすると、視聴率は“滝つぼ”のように急落。つまり、ほとんどの視聴者が『ラヴィット!』ではなく、松山選手の優勝を見ていたわけです。

 その日の数字が5.6%だったわけですが、10月27日は、通常運転での過去最高の3.4%。『ラヴィット!』はこれまで、テレビ東京で放送されている韓流ドラマにも負けていたわけですが、それがついに上回ることになったんです」(前出の制作会社関係者)

『ラヴィット!』と同時間帯、テレビ東京ではこれまで韓流時代劇『カンテク~運命の愛~』を放送しており、『ラヴィット!』は同ドラマにも視聴率で完敗し続けていた。

 10月27日からは新たに『ノクドゥ伝〜花に降る月明り〜』がスタートし、同日の世帯視聴率は3.1%だった。

「『ラヴィット!』が0.3ポイント、テレ東の韓流ドラマを上回ったんです。実は、『ラヴィット!』の視聴率はここ数日で微増していて、10月21日までは2%台だったのですが、22日に3.2%を取ったのを皮切りに、週明けの25日は3.2%、26日は3.1%、そして27日に3.4%と、4放送連続で3%台を維持している。

『THE TIME,』との相乗効果が出ていると言えるでしょう。また、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の影響も大きいでしょうね」(制作会社ディレクター)

■「ほぐした赤LARK」で『ラヴィット!』人気が上昇!?

 10月20日の『水曜日のダウンタウン』では「『ラヴィット!』の女性ゲストを大喜利芸人軍団が遠隔操作すれば、レギュラーメンバーより笑い取れる説」を検証。

 千原ジュニア(47)、笑い飯・西田幸治(47)、野性爆弾・くっきー!(45)、霜降り明星・粗品(28)、麒麟・田村裕(42)、オードリー・春日俊彰(42)が集結し、『ラヴィット!』の生放送にゲスト出演した歌手でタレントのあのを遠隔操作するという企画を実施。

「浅草の名店七味唐辛子の中には何が入っている?」というクイズに、あのは「ほぐした赤LARK」(作・西田)、「(麻雀牌の)チーソーの赤い部分」(作・粗品)、「矢田(亜希子)さんの削り歯茎」(作・くっきー!)と強烈な回答を連発。笑い飯・西田作の「赤LARK」というワードは放送直後からツイッターのトレンド入りするほどの盛り上がりを見せた。

「『水曜日のダウンタウン』を見て、『ラヴィット!』を見てみよう、となった視聴者も少なくはなかったでしょうね。また、以前は番組冒頭からグルメランキング企画をやっていたりしましたが、記念日にちなんだ番組出演者のお気に入りの物を紹介するなど、構成も少しづつ変わっていっていますね」(前出の制作会社ディレクター)

『ラヴィット!』のオープニングトークや出演者のお気に入りの物がネットニュースで取り上げられる機会も増えてきている。

「総じて、番組の注目度も上がってきている。そして、ついに3%を超え、テレ東の韓流ドラマも上回ったわけです。『ラヴィット!』は今、きていると言えそうです。さらに波に乗るためには、まずはテレ東の韓流ドラマに勝ち続けることでしょうね」(前同)

 多くの芸人からその実力が絶賛される麒麟・川島の奮闘もあり、ついに上昇してきた『ラヴィット!』。「日本でいちばん明るい朝番組」を謳う同番組が、日本中を笑顔にする日もそう遠くはない!?

関連リンク

  • 10/29 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます