ネックウォーマーの編み方を解説。初心者向けに簡単な方法を紹介

拡大画像を見る

もこもこかわいいネックウォーマーは、寒い冬をあたたかく過ごすのにぴったりのアイテムです。しかも、初心者でもいくつか編み方を覚えるだけで、簡単に作れるんです♪シンプルな道具と編み方で、すぐに作れる方法を紹介します。


素敵なネックウォーマーを手作りしよう


zozo.jp


ネックウォーマーは誰でも手作りできます。シンプルな作りでとても簡単なので、編み物初心者がトライするにもおすすめですよ!作り方を覚えて、チャレンジしましょう。


初めてでも作りやすいのが魅力


zozo.jp


初心者や苦手意識がある人が編み物に挑戦するなら、まずはネックウォーマーがおすすめです。ネックウォーマーなどの筒状の形状は、難易度が低く初心者でも作りやすいといわれます。

比較的簡単といわれている帽子でも、頭を覆うように編み目を減らしながら編んでいく必要があります。慣れていないと、途中で目の数が合わなくなることもしばしばです。

ネックウォーマーの場合、編み目を減らす必要がありません。最初から最後までまっすぐに編んでいけば完成します。

マフラーほど長さがないため、編み終わりまでの時間も短く簡単に編めるため、気軽に始められます♪


初心者が扱いやすいのはかぎ針


www.amazon.co.jp


編み物には大きく分けて『かぎ針編み』と『棒針編み』があります。初心者におすすめなのは、よりシンプルで扱いやすいかぎ針編みです。

小物を編むのに向いている編み方なので、ネックウォーマーにぴったりといえます。

用意する道具が少ないのも魅力です♪かぎ針・毛糸・とじ針・はさみさえあれば、始められます。道具が少ない分、手軽に始められます。


初心者向けネックウォーマーの編み方


www.shutterstock.com


初心者が挑戦するなら、とにかくシンプルな作り方がおすすめです!かぎ針編みで作る筒状のネックウォーマーなら、編んでからとじるだけという簡単さだから、初めての編み物にも向いています。


うね編みで編む


www.shutterstock.com


ネックウォーマーの筒を作るため、まずは『うね編み』で必要な段数だけ編み、長方形を作ります。作り目は鎖編みです。

鎖編みの長さが、ネックウォーマーの長さになります。首の長さや好みによって、28目を目安にちょうどよい長さにしましょう。

うね編みは、まず立ち上がりに1目編んで、前段のこま編みの向こう側のみをすくって、こま編みしていきます。こま編みは、1目すくった先で糸をかぎ針にかけ引き抜く編み方です。

これを長さ約53cmになるまで97段分くらい続けます。これでネックウォーマーのもととなる長方形の完成です♪


引き抜き編みでとじる


www.shutterstock.com


長方形を筒状にするために、『引き抜き編み』を使います。長方形の両端を合わせて中表に合わせたら、1番端の目にかぎ針を入れ、はぎ糸をかけて引き出します。

2番目以降の目にかぎ針を通してはぎ糸を引き出すときは、かぎ針にかかっている糸の輪もくぐらせましょう。端まで繰り返せば、筒状のネックウォーマーの完成です。

編み目が小さくて見えにくい場合は、太い毛糸を使うと分かりやすくなります。初めての編み物なら、まずは極太でざっくり編むのもかわいいです♡


ネックウォーマーの棒編みにチャレンジ


wear.jp


かぎ針編みに慣れたら、棒編みにチャレンジするのも素敵です♪難しく感じるかもしれませんが、意外と簡単にできる方法もあります。


簡単、難しい棒編みの種類は?


www.shutterstock.com


初心者でもチャレンジしやすい棒編みは、ファーやふわふわの毛糸を使った『ガーター編み』です。表目を編み続ければ完成しますし、ふわふわの質感で不揃いな編み目も隠してくれます。

あまり神経質にならずにざっくり編んでも、仕上がりは大満足のかわいさです♡一方、上級者向けなら『ケーブル編み』を使った編み方があります。

表目と裏目を意識しなければならず、左交差・右交差という編み方も出てきます。これを規則的に繰り返すことで、特徴的な模様になります。


棒針は何号を選ぶ?


zozo.jp


棒針と毛糸には相性があり、毛糸の質感を最も生かせる棒針の太さがあるのをご存知でしょうか?下記を目安に最適な棒針を選びましょう。

・極細:0~2号
・中細:2~3号
・合太:4~5号
・並太:5~8号
・極太:9~14号

ただし、必ずしも目安通りに選ばなければいけないわけではありません。あえて太めの棒針を選んで、よりふっくらした仕上がりにすることも可能です。


ボタン付ネックウォーマーを作ろう


wear.jp


極太毛糸を使ってざっくり編んでいくネックウォーマーは、寒い季節にぴったりの暖かみのある見た目に仕上がります。首元をとめるためのボタンがアクセントになるデザインです♡


ゴム編みで編む


zozo.jp


まずは作り目を30目ほど作ります。かぎ針編みで作るときと同じで、作り目の長さがネックウォーマーの長さになるので、ぴったりサイズになるよう調整して作るのがおすすめです。

作り目ができたら、長方形になるように『2目ゴム編み』で編み続けます。2目ゴム編みは、表目と裏目を2目ごとに交互に編む方法です。仕上がりはでこぼことした模様のようになります。

表目も裏目も編み方自体は同じなので、編む向きさえ間違えなければOKです♪


ボタンの穴を作るのを忘れずに


zozo.jp


つい忘れてしまいがちなのが、ボタンを通す穴です。この穴を作らずに編み上げてしまうと、せっかくボタンをつけても使えなくなってしまいます。

ボタンホールは、糸を棒針にかけるだけの『かけ目』と、『右上2目一度』の組み合わせで作れるので、忘れずに作りましょう!


編集部おすすめピックアップ


大人の女性からティーンズまで幅広い品揃え「Honeys Online Shop」


www.honeys-onlineshop.com


「Honeys Online Shop」は2年連続顧客満足度No.1(※)のHoneysが運営する公式ショッピングサイトです。

コンセプトは「高感度・高品質・リーズナブルプライス」といいとこづくし!
「Honeys Online Shop」でトレンドファッションを取り入れてみてはいかがでしょうか?

この機会に是非チェックしてみてください。
※2020年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第二回調査結果(衣料品店業種)


公式サイトで詳細を見る


オリジナルの冬小物であたたかく


wear.jp


編み物は難しいというイメージがあるかもしれません。しかし、ネックウォーマーなら比較的簡単に作れます。編み方によって難易度はさまざまですが、シンプルな編み方なら初心者でも無理なく作れるんです♪

手作りなら、店で売っているのとは違うオリジナリティのあるアイテムが作れます。自分用やプレゼント用に、ネックウォーマーの手作りにチャレンジしてみましょう。

※画像は全てイメージです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

関連リンク

  • 10/29 6:30
  • ARINE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます