JO1・なにわ男子・NiziU・BE:FIRSTら「ベストヒット歌謡祭2021」出演アーティスト23組発表

【モデルプレス=2021/10/29】1968年の第1回放送以来、53年の歴史を誇る読売テレビ・日本テレビ系の大型音楽番組『ベストヒット歌謡祭』。今年、2年ぶりとなる『ベストヒット歌謡祭2021』が11月11日午後7時から放送決定。出演アーティストが発表された。

◆「ベストヒット歌謡祭2021」放送決定

ダブルMCを務めるのは、宮根誠司・ウエンツ瑛士の2人。関西発唯一の大型音楽番組として、大阪・フェスティバルホールから生放送でお届けする。

出演アーティストは、AKB48、NMB48、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、きゃりーぱみゅぱみゅ、コブクロ、櫻坂46、真田ナオキ、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、SHE’S、JO1、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Da-iCE、DA PUMP、T.M.Revolution/西川貴教、なにわ男子、NiziU、乃木坂46、BE:FIRST、日向坂46、マカロニえんぴつ、milet、緑黄色社会(※50音順)の計23組。

特別な場所での歌唱や、初披露の楽曲など…スペシャルな演出も織り交ぜながら、今年の音楽シーンを振り返る、豪華アーティスト勢ぞろいの2時間となる。

気になる出演アーティストの歌唱楽曲や、スペシャル演出の内容などは後日発表。なお、今年の『ベストヒット歌謡祭2021』は、新型コロナウイルス感染症予防対策の観点から、無観客で実施となる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/29 5:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます