インテルがついにL・マルティネスとの契約延長を発表! 新契約は2026年まで

拡大画像を見る

 インテルは28日、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスと契約延長で合意したと発表した。

 L・マルティネスは現行契約が2023年6月30日までとなっており、複数クラブが関心を示していると報じられていた。インテルは契約延長が急務となっていたが、今回同クラブは公式サイトを通じ無事契約を延長したと発表した。なお、新契約は2026年6月末までとなる。

 また、イタリアメディア『スカイスポーツ』によると、新契約はこれまで盛り込まれていた1億1100万ユーロ(約147億円)の契約解除条項は削除されたようだ。

 現在24歳のL・マルティネスは2018年7月にラシン・クラブからインテルに加入した。インテルではこれまで公式戦通算144試合に出場し、54ゴール21アシストを記録。昨シーズンはベルギー代表FWロメル・ルカク(現チェルシー)とともにチームをけん引しスクデット獲得に大きく貢献した。

関連リンク

  • 10/29 1:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます