木下優樹菜さん、賠償命令を受け涙の謝罪 「この仕事しかできない」芸能活動復帰を希望

拡大画像を見る

 昨年7月に芸能界を引退した元タレントの木下優樹菜さんが28日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。東京地裁から賠償命令が下された通称“タピオカ騒動”について涙ながらに謝罪し、芸能活動への復帰を希望していることを明かした。

 2019年9月、木下さんの姉とタピオカドリンク店の店長との間でトラブルが発生。木下さんはインスタグラムで同店の店長に脅しとも受け取れるダイレクトメールを送信。この事態が明らかになったことから、木下さんは芸能活動の自粛を経て2020年7月に芸能界を引退していた。その後、同店店長はダイレクトメッセージで精神的苦痛を受けたことを理由に、木下さんに1000万円の損害賠償を求め提訴。27日に東京地裁は木下さんに40万円の支払いを命じる判決を下した。

 この判決を受けた翌日、木下さんは自身のチャンネルに『今回の報道について』と題した動画を投稿。冒頭で涙ながらに頭を下げ、判決を真摯(し)に受け止めると表明。また自身の今後については「何ができるかなと考えても、私にはやっぱりみんなの前に立って、仕事がしたいという気持ちがやっぱりすごく強くて…」とコメント。さらに、騒動後はさまざまな仕事について考えたと明かしつつも「この仕事しかできないと思いました」と芸能界への復帰を希望していると訴えた。



引用:木下優樹菜公式YouTubeチャンネル『木下優樹菜』

関連リンク

  • 10/28 20:32
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます