【笠松・ラブミーチャン記念結果】金沢のエムティアンジェが3馬身差圧勝

拡大画像を見る

 28日、笠松競馬場で行われた第8回ラブミーチャン記念(2歳・重賞・ダ1600m・1着賞金500万円)は、早めに先団まで追い上げた栗原大河騎手騎乗の2番人気エムティアンジェ(牝2、金沢・佐藤茂厩舎)が、逃げる1番人気グラーツィア(牝2、北海道・田中淳司厩舎)を直線に入って突き放し、最後はこれに3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分43秒0(良)。

 さらに4馬身差の3着に3番人気ドミニク(牝2、笠松・後藤正義厩舎)が入った。

 勝ったエムティアンジェは、父マクフィ、母ギリア、その父Fusaichi Pegasusという血統。先月の金沢プリンセスCに続く重賞2勝目を飾った。通算成績はこれで9戦3勝。

関連リンク

  • 10/28 16:06
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます