嵐・相葉雅紀『VS魂』主題歌「CDは出さない」無情宣告に隠された「浮所飛貴フォロー」!なにわ男子と美 少年をめぐる事務所事情

拡大画像を見る

 嵐の相葉雅紀(38)が10月21日放送の『VS魂』(フジテレビ系)で、主題歌を作る新プロジェクトを発表し、美 少年の浮所飛貴(19)がやる気を見せる場面があった。

 番組後半、相葉は「大事な報告があるから」と切り出すと、番組主題歌を作る新プロジェクトをサプライズで発表。これに最年少の浮所が立ち上がって「やった~!」と大喜びする一方で、急な発表だったことから、ほかの魂メンバーはややとまどいを見せていた。これまでも主題歌の話は出ていたが、具体的な進展がなかったため、相葉は「俺動かないと、たぶん、始まらないだろうと思って」と自ら動き出した理由を明かしていた。

 このプロジェクトには、相葉をはじめとする6人の魂メンバーが参加。相葉によると、ロックバンドのサンボマスターに曲作りを依頼したところ、そのオファーを快諾してくれたという。それを聞き、歌手としてデビューしていない風間俊介(38)が「俺、ここにきてCDデビューなの?」とやや不安そうに確認すると、相葉は「調子に乗らないで。CD出さないから」と風間に容赦なくツッコんでいた。

 続いて、相葉は「まだ、今だったら、“こういうエッセンス入れて”とか言えるから、ヒアリングしたいなと思って」と主題歌への要望を魂メンバーに質問。それに対し、浮所が「ソロパートほしいっす!」と真っ先にリクエストすると、風間は「リアルなのきたな~!」と苦笑いを浮かべていた。

■待たれる美 少年のデビュー

 真逆の反応を見せていた浮所と風間は、魂メンバーの中でまだCDデビューをしていない。すでに俳優として地位を確立している風間と違い、浮所はただいま売出し中。もしCDリリースが実現すれば、かなりの話題となるはずで、その喜びようも納得だ。

 しかし、残念ながらリリースはなし。これは浮所が所属する美 少年のデビューが近いとされていることもあり、中途半端な形ではなく、美 少年でデビューさせたいという事務所の思惑もあると考えられる。ファンも、番組主題歌ではなく、浮所にちゃんと美 少年としてデビューしてほしいと思うはずだ。

 美 少年にとってライバル的存在のなにわ男子は、11月12日にシングル『初心LOVE(うぶらぶ)』でデビューすることが決まり、すでに話題になっている。次はきっと、美 少年の番!

関連リンク

  • 10/28 16:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます