アッレグリ監督、終盤に失点を喫しての黒星に…「二度と起こしてはならない」

拡大画像を見る

 ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、リーグ戦について語った。27日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 同日に行われたセリエA第10節サッスオーロ戦に臨んだユヴェントスは、試合終盤の失点で1-2の黒星を喫した。試合後の取材に応じたアッレグリ監督は「試合の終盤は、特に組織的に動くべきだった。このような試合は、勝てないと分かれば負けないようにしなければならない」とコメント。さらに、以下のように続けた。

「我々は試合の進め方を反省しなければならないし、カウンターアタックであのようなゴールを許してはいけない。ユヴェントスにも何度か得点のチャンスがあったが、決められなければ全てが難しくなる」

「いずれにせよ、試合終盤に必死になりすぎていたのは事実で、このようなことは二度と起こしてはならない。選手の肉体的な問題ではなく、精神的な問題なんだ」

 前節インテル戦に続いて勝利を逃したユヴェントスの次戦は30日、第11節ヴェローナ戦をアウェイで迎える。

関連リンク

  • 10/28 15:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます