「さすがにワガママでしょ!」と彼女をムッとさせる一言9パターン

「俺のこと好きなら、許してよ」という甘えは、度が過ぎると別れの原因になることもあります。取り返しのつかない事態を引き起こす前に、彼女の怒りを買うようなワガママを言っていないか、一度わが身を振り返ったほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『さすがにワガママでしょ!』と彼女をムッとさせる一言」をご紹介します。

【1】「なんか気が進まなくて」など、適当すぎる理由でデートの予定を変更する
「具合が悪いなら心配するけど…」(20代女性)というように、いくら気の置けない仲でも、単に「気分の問題」でデートをキャンセルするのは許されないようです。実は健康体でも「風邪気味で…」ということにするか、「気乗りするデート」を改めて提案するなりしましょう。

【2】「今日はお任せでいい?」とノープランで出掛けようとする
「それ、いつもじゃん!」(10代女性)というように、行き当たりばったりの適当デートばかりでは、彼女の気持ちは離れていくでしょう。全部自分でプランを考えるのが負担であれば、前日までに彼女とどこにいくか打ち合わせをしてはいかがでしょうか。

【3】「お互い様だからいいでしょ?」と事前連絡なしで遅刻する
「私が遅刻するときはちゃんと謝っています!」(20代女性)というように、集合時間に遅れても悪びれないのは、ケンカを売っているのと同じだと思われても仕方がありません。相手を想う気持ちがあるなら、遅れたお詫びに何かご馳走するなどの心配りがあってもいいでしょう。

【4】「とりあえずそれは嫌」と自分から意見を出さないのに、彼女の提案を否定する
「『じゃあ全部決めて!』と言えば逆ギレ…どうすればいいの?」(10代女性)というように、あがってくる意見に反対してばかりでは、彼女を疲れさせてしまうでしょう。「なんとなく嫌」レベルのことは、ひとまず賛成するのが大人の対応かもしれません。

【5】興味を持てないとすぐに「もう帰ろう」と嫌な顔をする
「ちょっと待って!私は楽しいんですけど!」(10代女性)というように、デート中に退屈そうなそぶりを見せて、ひんしゅくを買うケースです。たまには彼女に譲る気持ちで、自分はつまらなくても見守る余裕を保ちたいところです。

【6】「疲れた。座る場所さがそ」と、すぐに休みたがる
「体力なさすぎるでしょ…」(10代女性)というように、何をしてもすぐバテてしまう男性は、一緒にいる彼女を楽しませてあげられないようです。たとえば「買い物だけは別行動にする」など、疲れない工夫をしてみてはいかがでしょうか。

【7】「運転は任せた!グビッ!」と自分だけお酒を飲む
「代行運転扱いかよ!」(20代女性)というように、無理やり彼女にハンドルを押し付ける行為も、後々まで根に持たれそうです。お酒を飲む可能性があるときは公共交通機関を利用するか、事前に彼女に相談しておきたいところです。

【8】「ほかの男と会うな!」と高圧的に命令する
「自分は『友達だからいいだろ?』と開き直って女と飲みに行くくせに!」(20代女性)というように、上から目線の束縛も彼女の反感を買う原因になるでしょう。浮気しないように釘をさすにしても、「信じているよ!」などと控えめに言ったほうが素直に聞いてもらえそうです。

【9】「ちょっと貸してくれない?」と悪びれずお金を無心する
「ママのおこづかい感覚なんでしょ」(20代女性)というように、恋人だからと気軽に借金を重ねていると、いつか彼女に見放されるかもしれません。電車賃がなくて帰れないなどならともかく、お金が目的で付き合っていると思われたくないなら借りないのが一番でしょう。

付き合う前の気持ち、もしくは付き合ったころの気持ちを振りかえり、そのころの彼女に対してしなかったことは、付き合いが長くなってからもしないことが、円満の秘訣なのかもしれません。(外山武史) 【調査概要】 期間:2014年4月26日から27日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/28 15:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます