作った料理を前に絶望 その理由に「分かりすぎる」「義務感がつらい」

拡大画像を見る

『秋の空は七度半(ななたびはん)変わる』ということわざを、ご存じでしょうか。

秋の天候は移ろいやすいことから、人の心が変わりやすいことを例えています。

漫画家の道雪 葵(@michiyukiaporo)さんは、日々、料理をしては、自身の気持ちが刻々と変化していることを感じるようです。

その様子を漫画にしてTwitterに投稿したところ、たくさんの共感の声が寄せられました。

クリームシチューが食べたくなって、材料をそろえるも、料理の終盤には、食欲が失せてしまいました。

ある日は、肉じゃがや、小松菜のおひたしを作り置きするも、いざ食べる時には、気分に合わなかった様子。

「絶望しかないな」

でき上がった料理や、作り置きを前に、道雪さんは、げっそりしてしまったようです。

投稿には12万件以上の『いいね』と、多くのコメントが集まりました。

・自分だけの贅沢な悩みかと思ってました。泣きそう。

・私の話かと…。食べるものはあるのに、食べたいものがない絶望、分かりすぎます。

・作り置きって便利だけど、食べないといけない義務感がつらい…。

一方で「作り置きができるのが、すごい」「代わりに食べます!」とった声も。

「作ってもらった作り置きが、気分に合わないことは少ないから不思議」というコメントも寄せられており、料理をする人自身が抱えやすい悩みなのかもしれません。

外食やテイクアウトを活用するほか、複数人で同居していたら、それぞれが作り置きをするのも効果的かもしれないですね。

とはいえ、絶望を繰り返しているという道雪さんは、たくさんの共感の声に、元気付けられたことでしょう!

単行本『うちのトイプーがアイドルすぎる。』が発売中!

道雪さんが描いた単行本『うちのトイプーがアイドルすぎる。』の第3巻が発売中です。

1、2巻と合わせて、ぜひお手にとってみてください。

[文・構成/grape編集部]

出典 @michiyukiaporo

関連リンク

  • 10/28 13:10
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます