【本音レビュー】GLOW12月号増刊の付録に「ウェッジウッドの抗菌マスク収納ケース」が登場!ありそうでなかった便利アイテムです

拡大画像を見る

箱入りマスクを買った時のお悩みといえば、収納場所。

「生活感あふれるパッケージを、そのまま置くのはイヤだな〜」と思っていた方にぴったりのアイテムが、2021年10月28日に発売される「GLOW12月号」増刊号(1080円)の付録に登場しますよ〜!

なんとウェッジウッドの人気柄・ワイルドストロベリー柄がプリントされた「内側抗菌加工!マスク収納ケース」です。

編集部に届いた実物をチェックしてみたら、ありそうでなかった便利アイテムでした♡

【ちょっと変わったケースです】

「内側抗菌加工!マスク収納ケース」のサイズは、おおよそ高さ12×幅19×奥行き14cm。よくコスメを入れるような、四角形のケースに見えます。

ところがファスナーを開くと、フタの内側部分にはもう1つファスナーが付いていて、ポケットというより袋のようになっていました。

中身がない状態だと形が安定せず、パッと見ると何を入れればいいのか分かりづらいのですが、実は不織布マスク約50枚がジャストフィットする空間なんです!!!

ちょうど未開封の50枚入り箱マスクがあったので試してみたら、本当にぴったり入れることができました!

【これは便利!】

すべてのファスナーを閉めて、外側のフタを開くと、窓のようになっている穴が登場! 先ほど入れたマスクが見えます。

このマスクをそのままひっぱると、まるでティッシュのようにマスクを取り出せました〜!

1枚ずつ衛生的にマスクを取り出せますし、何より買ってきたままの紙パッケージに入れておくよりスッキリして断然オシャレです♡

ただし50枚入れると全く余裕がなく、取り出すときに耳ゴムがひっかかるような感覚がありました。少しスキマができるように、空間に余裕を持たせて20〜30枚ぐらいずつ入れておいたほうが取り出しやすいかもしれません。

【衛生用品ケースとして】

また、マスク50枚を入れても本体の収納場所にはまだ空間があるので、アルコールスプレーや除菌シートなどの衛生用品をまとめて収納しておくのにも便利です。

私は予備用の布マスクなどを入れてみましたが、サイズがちょうどよかったですっ!

玄関に常備しておけば、衛生用品の忘れ物も防げそうです。

【通常号の付録も実力派】

ちなみに同時発売される通常号(980円)の付録は「美文字万年筆+ボールペンセット」。こちらもポーチとおそろいの色&柄で、すごく可愛いです。

日常的に使いやすいボールペンと、書くことが楽しくなりそうな万年筆のセットなのも嬉しい♪

万年筆はインクカートリッジ2個がセットですし、市販のインクカートリッジも使えるタイプなので長く愛用できそう。

ウェッジウッド好きなら欲しくなってしまうこと間違いなしのレア文具です♡

【毎日を便利に彩ってくれるアイテムでした】

ウェッジウッドファンにはもちろん、そうでなくても華やかなデザインには心惹かれてしまいそう。毎日役立つ実用アイテムなので、デザインが好きなら買って損なしだと思います!

増刊号はセブンネットショッピング、セブン‐イレブンでの限定発売なので、その点だけご注意くださいね。

※本文中の価格は全て税込みです。

参考リンク:宝島CHANNEL(1)(2)
執筆・撮影:五條なつき
Photo:(c)Pouch

関連リンク

  • 10/28 9:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます