デロンギ「プリマドンナ クラス」 全自動コーヒーマシンのフラッグシップモデル

拡大画像を見る

各種生活家電を扱うデロンギ・ジャパン(東京都千代田区)は、全自動コーヒーマシン「プリマドンナ クラス  ECAM55085MS」を2021年10月29日に発売する。

スマホアプリにも対応

同社が全世界で展開中だという「Perfetto, from bean to cup. ~豆から挽いた極上の一杯を~」のコンセプトを代表するフラッグシップモデル。メタリックシルバーを基調としたモダンなデザインを採用する。

視認性にすぐれ直感的な操作が可能な3.5型カラー液晶コントロールパネルを搭載。5種のコーヒーメニュー、8種のミルクメニューに加え、各種のお茶を適温で楽しめるよう「給湯機能」使用時には4種類の温度設定が利用可能。画面上には6種類のダイレクトメニューボタンが常時表示され、ボタン1つで簡単に本格メニューを楽しめる。

このほかコーヒー豆の量、コーヒーの抽出量やミルク量などを調節・設定できる「MYメニュー」機能を実装し、自分好みにパーソナライズされた1杯を味わえる。

スマートフォン専用アプリ「De'Longhi Coffee Link App」に対応。アプリから各種設定や操作、メニューのカスタマイズが可能なほか、メンテナンス情報やエラー通知の確認ができる。

また、本機の購入者向け専用サービス「Better Support」を付帯。トラブル時には専用ダイヤルでのオペレーターによる電話対応サポート、5年間の無償修理サービス、即日修理サポートの提供を受けられる。

豆ホッパー容量は370グラム、水タンク容量は2.0リットル。消費電力は1450ワット。

計量スプーン、クリーニングブラシ、水硬度チェッカー、ウォーターフィルター、除石灰材が付属する。

価格はオープン。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/28 12:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます