愛知県内4市の御蔵印を集めよう!「竜の子街道御蔵印キャンペーン」スタート


竜の子街道広域観光推進協議会では、醸造業が盛んな常滑市・半田市・碧南市・西尾市の4市の蔵元を紹介し、醸造文化の魅力に直に触れてもらうため、御蔵印を販売中。より多くの人に蔵元へ訪れてもらいたいという思いから、11月1日(月)~2022年2月28日(月)の期間、「竜の子街道御蔵印キャンペーン」を実施する。

4市の御蔵印を集めて記念御蔵印をGET

常滑・半田・碧南・西尾の4市には蔵元が集中しており、4市を合わせた形が“タツノオトシゴ”に似ていることから、“竜の子街道”と呼ばれている。


今回開催する「竜の子街道御蔵印キャンペーン」では、常滑・半田・碧南・西尾の1市につき1蔵ずつ御蔵印を集めて指定引換場所にもっていくと、「4市周遊記念特別御蔵印」がもらえる。指定引換場所は、とこなめ観光協会・半田市観光協会・碧南市観光協会・西尾市観光案内所の4カ所となっている。

「4市周遊記念特別御蔵印」はなくなり次第終了となるので、気になる人はお早めに。

Instagramの投稿キャンペーンも開催

また、「御蔵印Instagramハッシュタグ投稿キャンペーン」も開催。

Instagramで竜の子街道公式アカウント(@tatsunoko_kaido)をフォローし、御蔵印を購入したことがわかる写真に「#御蔵印めぐりは竜の子街道で」「#竜の子街道」の2つのハッシュタグをつけて投稿する。投稿した人の中から、抽選で10名に竜の子関連商品がプレゼントされる。

詳しい内容は、キャンペーン詳細WEBページにて確認を。

“竜の子街道”で御蔵印を集めながら、醸造文化の魅力に触れてみては。

画像をもっと見る

  • 10/28 12:28
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます