散りばめられた愛。好きな人を守る最善の手段【最愛考察】

拡大画像を見る

※このコラムにはドラマ『最愛』第2話までのネタバレが含まれます。

(c)TBS

第2話も怒涛の展開で視聴者を釘づけにしてくれたドラマ『最愛』。

今回も、謎と愛が散りばめられていたストーリーを考察していきたいと思います。

■早すぎる第一の殺人のタネあかし

(c)TBS

第2話はこのドラマの軸と思われていた2つの殺人のうち、1つ目の殺人の真相が早くも明らかになるという衝撃のストーリーでした。

事件直後に紛失した弟・優(柊木陽太)の携帯電話が、亡くなった父(光石研)の荷物から発見されたことから、その謎のベールが剥がされます。

その携帯に収められていたのは、薬を飲まされ乱暴をされそうになっている姉・梨央(吉高由里子)を守るために、優が渡辺(朝井大智)を近くにあった金属の棒で誤って刺してしまった一部始終の動画でした。

恐ろしい真実を知ってしまった焦りから反射的に動画を削除した梨央。

軸と思われた1つ目の殺人の種明かしがこんなに早いとは予想外でしたが、こんなに簡単に殺人の話が終わるとも思えません。おまけに、あの細長い棒が心臓でもなく腹部に刺さっただけで死亡するまでに至るのか、という点も疑問です。

まだまだこの裏に隠れている真相がありそうです。

■渡辺殺人に第三者が関わっていた可能性?

第1話で渡辺の行方を追って彼の父が陸上部を訪ねて来た時、一部の陸上部の面々は渡辺と一緒にいたことを隠し、シラを切り通していました。

その理由が、大麻の証拠隠滅だけとは思えないんですよね。

友人が失踪したなら人命にも関わる可能性もありますし、普通は大麻のことは伏せたとしても多少は知っている限りで情報提供するのではないでしょうか。おまけに失踪について驚くこともなく、心配して労うような言葉も一切なしに、ぶっきらぼうに渡辺の父を突き返していました。

普通、自分と会った直後に友人が失踪したなんてことになったら驚きますし、心配もしますよね。

あの晩の部員やマネージャーたちの挙動の不自然さは、渡辺がすでに亡くなっていることを知っていたからなのでは? という可能性を感じさせました。おまけに彼らは梨央の父のお葬式でも意味ありげな表情を見せていたんです。

今回の動画で明らかになったのは、優が渡辺を刺したところまで。その後の顛末はまだ闇の中です。

おそらく梨央の父が渡辺の死体の証拠隠滅を行っているのだと思われますが、部員やマネージャーもこの不慮の事故の殺人の顛末を知っている、または何らかのかたちで証拠隠滅にも関わっていた、ということもあるかもしれません。

そして、もし第三者が絡んでいた場合あそこで父が亡くなったのはあまりにタイミングが良すぎます。この顛末に関連して、陸上部員が何らかの証拠を隠滅するために父を殺害、という第三の殺人が起きていた可能性も!?

■大輝からの最愛

(c)TBS

現代の場面で梨央が車にひかれそうになった時、張り込みをしていた大輝(松下洸平)がぐっと引き寄せて助けるシーンがすごく良かったですね。

「真田梨央です。はじめまして」と以前は他人のふりをしていた梨央ですが、その時はつい昔使っていた方言が口をつき、一瞬ですが大輝と過ごしていた頃の「朝宮梨央」に戻った瞬間でした。

今は刑事になった大輝。

渡辺失踪事件当時、陸上部のマネージャーから(薬を盛られ)記憶のないうちに渡辺の暴行被害に遭っていたことを告白され、以前の梨央の不自然な挙動とリンクし、彼女も被害に遭っていたことを悟りました。

また警察官を目指す理由として、梨央が製薬で苦しんでいる人を助けたいという夢と同じように、自分も警察官というかたちでそういった人々を助けたいのだと語っていました。

きっとこの「苦しんでいる人」は梨央を指していたのではないでしょうか。事件のことをひっそりとうちに秘めて苦しんでいるであろう梨央を、刑事になって事件解決に携わり救いたいという大輝から梨央への人生をかけた最愛のかたちだったのかもしれません。

■謎が深まる弟・優の存在

(c)TBS

前回、優は現代の相関図では描かれていないが、情報屋のイケメンなのでは? という仮説を立てましたが、どうやらその可能性が高まりました。なんと二人の目元、口元のほくろの場所が一致していたのです。

(c)TBS

そして毎日電話をしあうほどに仲が良かった梨央と優ですが、その5年後に優は謎の失踪を遂げていたことが今回発覚しました。登場時はおそらく小学3〜4年生くらいでしょうか。であれば失踪は中学を卒業した頃。義務教育を終え、就職ができる年齢で失踪した点に計画的なものを感じます。

事件の証拠となる動画を見たことがきっかけで、失われていた事件当時の記憶がどこかのタイミングで蘇り、独立できるタイミングまで待って計画的に身を潜めたのでしょうか。はたまた、事件の顛末に疑問を持ち、真実を暴くために情報屋になることで、彼なりに事件を調べているという可能性もあります。

実は梨央の敵に見えて、何らかのかたちで彼女を守っている、ということもあるかもしれません。

失踪からの10年間、彼はどこで何をしていたのかも気になるところです。

■渡辺父の持っていた500万円は手切れ金?

殺された渡辺父が滞在していたホテルの金庫から500万円が発見されました。これはもしかして梨央を守るために誰かが握らせた手切れ金なのでは?

執拗に梨央に会おうとつきまとっていた渡辺の父。それを一番阻止したいと考えるのは、まるで家族のように梨央の身辺について管理・保護し、全ての事の顛末を知っていそうな弁護士・加瀬(井浦新)ではないでしょうか。

その場合、その後何らかのかたちで揉め渡辺父を殺してしまったのは加瀬、という可能性もあるかもしれません……。

■細かい小道具に平成のエモさ爆発!

(c)TBS

話は変わりますが、15年前の過去のシーンに散りばめられている平成のかけらがめちゃくちゃエモくないですか? 使用されている携帯がガラケーなのはもちろん、その形状も定番のパカパカからスライド式まで登場!! 梨央のガラケーについているストラップは懐かしのアフロ犬。

そして、弟が住む岐阜のおばあちゃんの家のブラウン管テレビで流れていたのは平成を代表する大ヒットアニメ『エヴァンゲリオン』! 端々に出てくる小道具が平成を生きた人間にとって懐かしすぎていちいちエモすぎます。

懐かしのたれぱんだやルーズソックスの女子高生あたりもぜひひっそりと登場させてほしい!

■「薬」が1つのキーワード

(c)TBS

薬学部や製薬会社に携わる面々が登場人物の多くを占めるこのドラマ。陸上部員が大麻所持で逮捕されたり、渡辺が薬を盛って連続暴行を行っていたり、はたまた現代では梨央が目的であった薬を開発したり、認可に向け治験段階に進んでいたり……と、あらゆる場面に薬物が登場します。

今後も何らかのかたちで「薬」がキーになってくるかと思われます。

また、友人として話したいという大輝の誘いに乗った梨央は第3話で一体何を話すのか。次回も良い意味で裏切ってくれそうで楽しみですね。

(やまとなでし子)

関連リンク

  • 10/28 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます