V6、ラストアルバム初日12万枚売り上げ! 最後のテレビ出演『学校へ行こう!2021』は瞬間最高13.4%

拡大画像を見る

 11月1日に解散を迎えるV6のベストアルバム『Very6 BEST』が、10月26日にリリースとなった。同日付のオリコンデイリーアルバムランキングでは12万7,284枚を記録し、1位に初登場。前回のベストアルバム『SUPER Very best』(2015年7月発売)の初日売り上げである約9.6万枚を上回る好スタートを切った。

 今作は、V6メンバーが400曲以上ある中からセレクトした楽曲を収録。商品形態は初回盤A(4CD+2DVDまたは1Blu-ray)、初回盤B(4CD+2DVD)、通常盤(3CD)に加えて、特設販売サイトでは「あなたのお名前入りスペシャルBOX盤」と題したバージョン(9CD+DVDまたはBlu-ray付き)も販売。このスペシャルBOXは27日時点で売り切れ状態だが、初回盤A・Bと通常盤の3種が26日にリリースとなった。

「今年9月リリースのオリジナルアルバム『STEP』の売り上げは、週間ランキング発表時点で13.2万枚でした。『Very6 BEST』は解散前最後のベストアルバムとあって、1日で『STEP』の週間記録に迫る勢いを見せています。初日の数字を受けて、V6ファンからは『もう10万枚を超えてる』『たくさんの人に届いてほしい』と、さらなるヒットに向けて期待の声が上がっていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 『Very6 BEST』の発売当日には、伝説の学校教育バラエティ番組『学校へ行こう!2021』(TBS系)が3時間スペシャルで復活。『学校へ行こう!』『学校へ行こう!MAX』として、1997年10月~2008年9月まで約11年間放送されており、「未成年の主張」「B-RAP HIGH SCHOOL」「東京ラブストーリー」などのコーナーが人気を博した。

 V6にとっては『学校へ行こう!2021』がグループでの最後のテレビ出演となり、生放送のスタジオには、かつて番組にレギュラー出演していた渡辺満里奈、紗栄子(当時の芸名はサエコ)、夏帆も登場。また、収録済みのロケにも、当時MCを務めていたみのもんたや、「B-RAP HIGH SCHOOL」で話題となった音楽ユニット・軟式globeのパークマンサー、森田剛とともに番組発のユニット・GOタリモ&ミニカレーとして、「恋の400mカレー」でCDデビューした“チビあゆ”ら、懐かしのメンバーも姿を現した。

 また、エンディングではグループ解散後にジャニーズ事務所を退所する森田が涙ぐむ場面も。「最後にこんなステキな番組をまた作っていただいて。ホントに感謝しています。この『学校』のスタッフさんとは、本当にいい時も悪い時も一緒に味わって。でも、笑っていればなんとかなるっていうのはスゴく感じました。だからこの先、いろいろなことがあると思いますが、笑っていきたいなと思いますし、皆さんにも笑っていてほしいなと思いました」と挨拶しつつ、目に涙を浮かべていたのだった。

 さらに放送中は、『学校へ行こう!』関連のワードが続々とTwitterのトレンド入りを果たすなど、視聴者も大盛り上がり。番組の平均世帯視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得し、瞬間最高視聴率は午後9時59分にマークした13.4%だったという。

 15年のベストアルバム『SUPER Very best』は初週15.2万枚を売り上げたが、今作はこの数字を超えて、有終の美を飾ることができるだろうか?

  • 10/28 8:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます