いま大人気の“ピスタチオ味”がパルムにも!この秋、注目のチョコアイスを3つ食べてみた

拡大画像を見る

秋冬になると増えるチョコレート製品。この秋は、ちょっと贅沢なチョコレート系のアイスが続々と登場しています。なかでも気になるアイスを3つ、実食してみました。

パルム初のダブルがけ!ピスタチオを堪能できる「PARM ダブルチョコ ピスタチオ&チョコレート」



「PARM(パルム) ダブルチョコ ピスタチオ&チョコレート」(森永乳業、10月4日発売、筆者購入価格216円)は、人気のアイスブランド「パルム」の新フレーバー。

パルム史上初となる、コーティングチョコの2層がけになっています。


中は、ピスタチオペースト入りのアイス。その上からピスタチオチョコ、さらにその上からセミスイートチョコでダブルでコーティングしています。表面にトッピングされているのも、もちろんピスタチオ。

チョコとピスタチオを存分に楽しめること間違いなしの一品です。

見た目からすでにとてもおいしそう…!

ひと口食べると、パルムおなじみのチョコのパリパリとした食感。ピスタチオアイスはなめらかでコクがあり、ピスタチオチョコ、クラッシュピスタチオと相まって、濃厚なピスタチオの深い味わいが口いっぱいに広がります。

これは期待どおり、いや期待以上のおいしさでした!

小気味いいモナカとチョコのパリパリ感♡「ルマンドアイスチョコレート」



ロングセラーのお菓子「ルマンド」をアイスの中にまるごと入れた「ルマンドアイス」。

いろいろなフレーバーが発売されていますが、この秋、登場したのはチョコレートアイスが入った「ルマンドアイスチョコレート」(ブルボン、9月20日発売、筆者購入価格243円)。


袋を開けると、おなじみの「BOURBON」の文字が型押しされたモナカが出てきます。

割ってみると、チョコレートアイスの中に、ルマンドの薄いクレープ生地が入っているのが見えます。


チョコレートアイスは風味豊かで、カカオのほろ苦さや、ほのかな酸味も感じられます。ミルクのコクはありながらも甘さは控えめ。スッキリとしながらも奥深い後味です。

アイスの中に入っているミニルマンドは食感を改善したとのこと。かなり薄いクレープ生地が何層にもなっていて、小気味いいパリパリ感を楽しめました。

個人的にはバニラアイスよりも、こちらのほうがクセになるおいしさだと感じました。カカオの風味とミニルマンドの食感のバランスがいい一品です。

ケンズカフェ東京監修!ひと口目からかなり濃い「フローズンスイーツガトーショコラ」



ファミリーマート限定の「フローズンスイーツガトーショコラ」(赤城、10月5日発売、218円)は、数々の受賞歴を持つガトーショコラ専門店「ケンズカフェ東京」の氏家シェフ監修のアイスです。


ココアクッキーを練りこんだチョコアイスを、チョコレートでコーティングしています。

生チョコの配合量を増やしてなめらかな食感に仕上げているそう。チョコレートの24%はエクアドル産チョコレートを使用しています。


ひと口食べてみると、その濃厚さたるや!

外側のコーティングチョコはビターな風味で、パリパリとした食感。内側のチョコアイスのなめらかさとのコントラストが絶妙です。濃密でしっかりした食べごたえがあり、満足度も高いです。

ガトーショコラをそのまま凍らせたような濃厚さなので、少しくどく感じる人もいるかもしれませんが、チョコ好きにはたまらないアイスバーです。

数量限定のものもあるので、気になったアイスは早めに手に取ってみてくださいね。

(ライター/富士みやこ)

パルム
https://parm-ice.jp/lineup/wchocopistachioandchocolate/index.html

ルマンドアイス
https://www.bourbon.co.jp/product/detail/4901360345106.html

ファミリーマート
https://www.family.co.jp/goods/ice/3442012.html

関連リンク

  • 10/28 11:30
  • リビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます