「おかえりモネ」百音(清原果耶)、サヤカ(夏木マリ)・莉子(今田美桜)…続々再会で反響「感慨深い」

【モデルプレス=2021/10/28】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)の第119話「あなたが思う未来へ」が28日、放送された。清原演じる永浦百音と、それまでに関わってきた様々な人物が再会を果たし、話題となっている。<※ネタバレあり>

◆清原果耶ヒロイン「おかえりモネ」

連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・清原演じる百音が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。

◆百音(清原果耶)、かつての知り合いと続々再会で喜び

27日に放送された118話では、百音の妹である未知(蒔田彩珠)が、震災の日のある出来事から気仙沼を離れることはできないと涙ながらに明かすシーンが話題となっていた。

そんな矢先、百音は仕事場に駆けつけた、登米で暮らしていた際に世話になっていた山主・新田サヤカ(夏木マリ)と再会。

今ここにいられるのは登米でのサヤカとの暮らしがあったお陰だと語る百音は「今は妹のことを考えます」と、過去のことに悩み続ける未知について明かし「私にとってのサヤカさんや森林組合みたいな場所がみーちゃんにはあったのかなって。私が今からなれないかな、とか。私サヤカさんみたいになりたい」と全ての人に温かく接するサヤカのような人物になりたい、と真っ直ぐに告げるのだった。

また、百音は東京で共に気象キャスターとして働いていた神野マリアンナ莉子(今田美桜)にも再会。百音が開いた、気仙沼の災害についてのプロジェクト連絡会に取材をしに来ていたのだ。2人はそれぞれの今について語った後、互いに「頑張ろう」と前向きにエールを送った。

そしてその後、幼馴染が一堂に会する場面では、百音が東京で暮らしていた汐見湯の住人・宇田川さんからであろう書が。「みーちゃん大学合格おめでとう」そして「りょーちんも船おめでとう」とあり、未知が大学に合格したことと亮(永瀬廉)が船を購入したことを祝福するものになっていた。

◆「おかえりモネ」最終回目前に再会続き感動の声

最終回まで残すところあと1話となった今回。百音がかつて関わったあらゆる人との再会のシーンが描かれた。

そんな今回の放送を受けて、視聴者からは「久々の人たちの登場が嬉しい」「百音のこれまでを思い出して感慨深い」「宇田川さんからの贈り物だよね?」「あと1話で終わるなんて信じられない」「最終回来ないで~」など多くの声が上がっている。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/28 11:20
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます