【女性心理】女性が思う“恋愛対象になるアラサー・ならないアラサー”その違い

アラサーの男性にとって女性に恋愛対象として見られているかという問題は非常に気になりますよね。

女性が恋愛対象として意識するアラサーとそうでないアラサーにはいったいどんな違いがあるのでしょうか。
そこで、女性が思う“恋愛対象になるアラサー・ならないアラサー”その違いを4つご紹介します。

(1)自立している


アラサーになると大人の男性という印象を抱かれることが多いようです。
年齢を聞いて大人の男性を想像していたのに、中身が伴ってなければ女性がドン引きしてしまうことがあるので注意が必要ですよ。

アラサーになっても自立せず人に頼ってばかりではガッカリされてしまうことも。
女性から恋愛対象として見られたいなら、自立した大人な男性を目指してみてはいかがでしょうか。

(2)色気がある


女性は色気がある大人の男性に惹かれる傾向にあります。
アラサーになると若い頃に比べて色気のある服装や髪型が似合うようになるようです。

いつまでも若作りしていると若い女性からモテないので注意が必要ですよ。
アラサーになったら色気を意識することで、女性から恋愛対象として見られるよう努力してみましょう。

(3)品がある


アラサーになっても品がなく無邪気すぎる男性は、女性から友達として人気があっても恋愛対象には見られないようです。
品がある大人の男性は年下の女性からモテる傾向にあるので、普段から大人らしい品のある行動を心がけることが大事。

そうすることで、女性をあなたの虜にするよう意識してみてはいかがでしょうか。

(4)余裕がある


大人の余裕があるアラサーの男性は女性から恋愛対象として見られがち。
アラサーなのに余裕がなく周囲に気遣いができないような男性は大人な印象とはかけ離れてしまいます。

そのため、女性と接するときは余裕があると思わせるような行動を心がけましょう。


恋愛対象になるかどうかは普段の行動や言動が大きく左右します。
女性が思う“恋愛対象になるアラサー・ならないアラサー”その違いを参考に、モテる男性になれるよう意識してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/28 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます