東京ディズニーシーの20年が1冊に、風間俊介の企画や新テーマポート開発経緯も

拡大画像を見る

東京ディズニーシー20周年を記念し、20年間のイベントや出来事を総力編集した『東京ディズニーシー 20周年クロニクル』(講談社『ディズニーファン』編集部)が10月28日に発売された。



東京ディズニーシーは2001年9月4日にオープン。世界のディズニーテーマパークで初となる「海」がコンセプト。7つのテーマポート、それぞれ異なる海の物語や伝説が散りばめられたパークとして、訪れるゲストに20年間、新鮮な感動を与え続けてくれている。2021年9月4日からは、20周年をお祝いするイベントがスタート。そのテーマは“タイム・トゥ・シャイン!”。キラキラと輝く特別な一年がスタートした。



開園から20年、これまで東京ディズニーシーを訪れた人それぞれの想い出に残るショーやアトラクション、メニュー、グッズの数々には、すべてディズニーの魔法がつまっている。たとえば、巨大なランプの魔人ジーニーが現れ、その迫力に圧倒された2005年のスペシャルイベントのショー『アラジンのホールニューワールド』。火山をバックに海を舞台にしてジーニーが動き回る様子に目を奪われた。2007年からアラビアンコーストで開催された熱い夏の夜のイベント『ボンファイアーダンス』は、伝説と言ってもいいほど多くの人の心に焼き付いている。このように懐かしいイベントや大好きだったエンターテイメントなど満載の『東京ディズニーシー 20周年クロニクル』のメイン企画、2001年から2020年までの年代記は、記憶の中の感動を、鮮やかな写真と記事で呼び起こしてくれるはずだ。


東京ディズニーシーに登場以来、15年以上多くのファンに愛され続けるキャラクター、ダッフィー。お友だちもどんどん増えた人気者ダッフィー&フレンズのはじめてのコスチュームやはじめてのスーベニア付きデザートなどに注目した『ダッフィー&フレンズ はじめての思い出』も見逃せない。また、ディズニー通で知られる風間俊介が語る『東京ディズニーシーに20年通って心に刻んだこと』、いつもパークでゲストを迎えるキャストの皆さんに取材をした『キャストと東京ディズニーシーの20年』、パークマップや東京ディズニーシーで提供されてきたガイドマップ「トゥデイ」の変遷を探るコラムなど、注目の企画が盛りだくさん。


さらに、株式会社オリエンタルランド代表取締役社長(兼)COO吉田謙次のインタビューでは、20周年への思いとともに、2023年度オープン予定の新テーマポート『ファンタジースプリングス』の開発経緯や新しい世界観についてもうかがった。カバー表紙と裏表紙にはアニバーサリーイベントのコスチュームをまとったミッキーとミニーが登場。20周年を記念する1冊にふさわしい美しいデザインに仕上がっている。さらに、カバーの下の本体の表紙にもこだわりがつまっている。


■『東京ディズニーシー20周年クロニクル』

10月28日発売

関連リンク

  • 10/28 10:55
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます