舘ひろし&神田正輝が「揃い踏み」!?「石原軍団復活」でしか救えない衆院選「東京8区」超一大事!

拡大画像を見る

 10月31日に投開票が行なわれる衆議院選挙で、大物候補が劣勢に立たされている。

 10月26日付のWEB版『産経新聞』によると、同社とFNN(フジニュースネットワーク)が実施した衆院選の終盤情勢調査で、東京8区で自民党の石原伸晃氏(64)が立憲民主党の吉田晴美氏(49)を追う展開になっていると報じた。

「石原氏は、過去に環境大臣や国交大臣、幹事長職も歴任した大物です。また、東京8区は自民党の地盤が強固で、小選挙区制が導入された1996年の衆院選からは石原氏が途切れることなく当選を続けています。

 しかし、今回は現状、かなりの劣勢に立たされています。今回の選挙戦で石原氏は序盤からドブ板選挙を展開していて、JR高円寺駅前などを積極的に遊説しています。それでも吉田氏に追いつけない、むしろ差が開いていっているとも言われていますから、非常に厳しい状況です。現時点で一部からは、当選は無理だろうという声まで聞こえてきていますね……」(全国紙政治部記者)

■冗談では済まない“石原軍団の不在”

 一部では、れいわ新選組の山本太郎氏(46)が東京8区での出馬を一時宣言したものの、後に断念したことで話題となり、立憲民主党の吉田氏にとってプラスになっているとの報道もある。

「山本氏の一件だけでなく、冗談のような話ですが、“石原軍団がいないから追い込まれている”と石原氏の劣勢について分析する声も聞こえてきます。ただ、石原軍団の不在が選挙戦に響いているのは、あながち冗談とも言えなそうです」(前出の政治部記者)

 石原裕次郎さんの甥っ子である石原氏は、これまで石原軍団らが応援演説に駆けつけるのが定番となっていた。2009年の衆院選でも父の石原慎太郎氏(89)や石原軍団の舘ひろし(71)が石原氏の応援に駆けつけている。

「追い込まれている現状を考えると、石原氏は今回こそ軍団の手を借りたいところではないでしょうか。ただ、軍団のトップにいた渡哲也さんが昨年8月に死去。今年1月16日には石原プロモーションも解散したため、軍団そのものもなくなってしまい、応援を受けられなくなってしまいました」(前同)

 1月26日付の『zakzak』では、「昔は『石原軍団』が終盤で地元入りして、女性たちはヘナヘナになったもんだけどね」との東京8区の地元の老舗商店主のコメントを紹介している。

「石原氏がここまで厳しい状況に追い込まれているのを見ると、石原軍団の応援が、本当に馬鹿にならないものだったということでしょう。投開票日の迫る中で大逆転をするには、もう、舘さんと神田正輝さん(70)ら石原軍団が集結し、熱い応援演説をしてくれないと難しいのでは、という声もありますね……」(同)

 裕次郎さんの甥っ子の窮地を救うべく、再び最強軍団が集結する!?

関連リンク

  • 10/28 10:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます