ダイエット中でも誘われると嬉しい食事デート9パターン

意を決して女性を食事に誘ったのに、「外食はダイエットの大敵!」と断られてしまった経験のある男性も多いと思います。そこで、『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に「ダイエット中でも誘われると嬉しい食事デート9パターン」を紹介します。

【1】美容にいい「雑穀やコラーゲン鍋などの店」
「食べることでキレイになれるものだったらダイエット中でも食べたい」(20代女性)と、体の中から美しくなれる食事は、美意識の高い女性に喜ばれるようです。「美容によい食事」で話題のお店に誘うと、女性は目を輝かせてOKしてくれるかもしれません。

【2】低カロリーでビタミンや栄養も満点の「せいろ蒸し料理の店」
「蒸すと栄養が壊れないし、低カロリーだから」(30代女性)との理由に加え、ダイエット中もお肉が食べられる満足感もあるようです。せいろ蒸しの代表、豚肉は代謝を助けるビタミンB1、B2が豊富。「ダイエット向きじゃない?」と誘うと、女性の心も動くかもしれません。

【3】温野菜やベジタリアン向けの「野菜料理専門店」
「野菜だったらおなかいっぱい食べても、カロリーはたかが知れてるので」(20代女性)と、ダイエット中に野菜は強い味方のようです。食事だけでなく、お茶のときもベジタブルケーキのお店を選ぶと、女性に「気がきく人だな」と一目置かれるかもしれません。

【4】イソフラボンなど美容成分がとれてカロリーも低い「豆腐料理の店」
「カロリーが気にならない上、キレイになれそう」(30代女性)と、大豆には女性ホルモンと似た働きのイソフラボン、脂肪代謝に働きかける大豆ペプチドなど美に欠かせない栄養がぎっしり。「優雅な豆腐懐石でダイエットの息抜きをしない?」と誘ってはいかがでしょう。

【5】野菜がたっぷり食べられる「鍋料理のお店」
「お肉をとらずに野菜やキノコ、しらたきだけ食べてればかなり低カロリー!」(20代女性)と、鍋はダイエット中に最適の料理のようです。ただしシメの雑炊やうどんなど炭水化物はダイエット中は避けたいもの。残しても怒らないであげましょう。

【6】メニューすべてにカロリーが書いてある「チェーン系居酒屋」
「カロリーを自分で調整できるから」(20代女性)と、カロリー表示のある居酒屋は女性も安心のようです。刺身や枝豆などダイエット向きのメニューが多いのもポイントです。ただ、男性が目の前でダイエット中NGな揚げ物などを食べていると、女性をイラッとさせてしまうかもしれません。

【7】カプサイシンで脂肪燃焼効果を狙える辛い料理の店
「食べてるそばから汗をかくから『やせそう』って思う」(20代女性)と、唐辛子のカプサイシンには脂肪分解効果があることで有名です。美容にもいい薬膳鍋などに誘うと、女性がご機嫌になってくれるかもしれません。ただし唐辛子の食べ過ぎは胃を痛めることがあるので注意しましょう。

【8】食べることへの罪悪感が少ないオーガニック系のお店
「体にいいものだと思うと食べることへの罪悪感や食べたあとの後悔もない」(20代女性)など、体にいい食べ物はダイエット中も抵抗感が少ないようです。オーガニック系の食材にこだわるお店は女性客を意識したオシャレな内装が多いので、その雰囲気でも女性は喜んでくれそうです。

【9】高タンパク低カロリーであるカニなどの海鮮料理の店
「カニ、イカ、エビなどは高タンパク低カロリーだし、自分では高くて行けないお店も多いから」(20代女性)と、女性は海鮮料理でダイエット中のタンパク質を補いたいようです。ただ、カニは食事中に無口になりがち。会話を忘れて女性を退屈させないよう注意しましょう。

ほかにどのような「ダイエット中でも誘われると嬉しい食事デート」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/28 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます