小室圭さんと眞子さん「一般人」になっても逃れられない“監視の目”!テレビ各局「マンション前スクラム取材」が「狙う映像」!!

拡大画像を見る

 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)は10月26日、大学時代の同級生・小室圭さん(30)と結婚した。同日午前、宮内庁職員が代理人として都内の役所に提出した婚姻届が受理された。これにより眞子さんは皇籍を離れ、民間人の「小室眞子さん」となった。

 同日に行なわれた結婚会見では、小室家の金銭トラブルについて、眞子さんが「“誤った情報”がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ」と、小室さんも「“誤った情報”があたかも事実であるかのように扱われ」と強い言葉で話した。

 10月27日の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、会見や回答、文書に複数回登場した「誤った情報」について検証。

 MCの坂上忍(54)は「なかばマスコミ批判のようなご意見があった」とし「具体的に何が違うという話にはならなかった」と指摘した。

 坂上はこれ以上2人に関する報道は長引かせないでほしいとしつつも、「あの言い方はハレーションが起きかねない訴え方」と語り、「“いわれのない事実”って言われた相手って想像つくよね。相手もプロですから」と、今後もマスコミからの報道は続くのではないかと示唆した。

 26日の結婚会見後、2人は横浜市にある小室さんの実家には向かわず、渡米するまでの当面の間、2人で生活する東京都渋谷区のマンションに向かった。

 10月27日の『スポニチアネックス』によると、2人が暮らすのは家具や家電など生活用品を完備しており、コンシェルジュがいる高級マンション。交番も隣接しており、眞子さんが滞在している間は警視庁が警備することになるという。

 また、家賃は2ベッドルームタイプの部屋で月80万円前後。眞子さんが民間人となったため、秋篠宮家も宮内庁も援助することはなく、2人のこれまでの蓄えから出すことになるようだ。

■テレビ各局がチームを組み新婚マンションに“ベタ張り”!?

 坂上が案じるように、民間人となった眞子さんと小室さんへの取材は今後も続くのだろうか。

 夕刊紙デスクは話す。

「今後もマスコミからの取材は続くでしょうね。というのも、NHKと民放各局が手を組んで小室さんと眞子さんの住むマンションに“ベタ張り”するそうですよ。

 働き方改革が叫ばれているこのご時世ですから、記者やカメラマンの労働時間に考慮する必要もあります。24時間張り込むことはできないでしょう。それでも、日中から夜にかけて、たとえば午前8時から午後8時までは張り込みを行うことになるようです」

 なぜ、テレビ局はそれほど熱心に2人の取材を続けるのだろうか。

「やはり、2人には今後もニュースバリューがある、という判断からではないでしょうか。だからこそ、こうした体制で取材するということですね。ただ、全社がそれぞれ記者とカメラを毎日のように駆り出すことは難しい。どの局も記者やカメラマンの人員に余裕はないですからね。そのため、代表取材のような形になる。

 NHKと民放で話し合いを行った末、各局でローテーションを組んで、絶対に逃さないようにカメラを渋谷のマンション前に置いて張り続けるといいます。結婚後の2人の姿をもし撮ることができれば、内々で映像を貸し合うことになるのではともささやかれています。

 渡米までの買い物は、宮内庁の職員が代行すると見られますが、各局は小室さんや眞子さんが、フラッと近所のスーパーやコンビニに行く普段着の姿を期待して待っているのではないでしょうか」(前出の夕刊紙デスク)

■渡米するまで心休まる暇はない……

 過剰なメディアスクラムを行なえば、批判の声も上がるだろう。

「当然、批判の声もたくさん上がるでしょうが、テレビ各社は2人のニュースのニーズが高いと判断している。もちろん、これにも批判やさまざな意見が出るはずです。しかし、こういった取材は2人が渡米するまで続く可能性がある。日本を脱出するまでは、民間人、一般人であったとしても注目されてしまうという状況は変わらなそうです。

 ただ、小室さんと眞子さんは渋谷区のマンションにずっと滞在するのではなく、マスコミ対策のために別の場所に移動する可能性もあると言われています。いずれにしても、渡米するまでは2人の気が休まることはなさそうです」(前出の夕刊紙デスク)

 眞子さんはアメリカでも運転できるよう国際運転免許証を取得する方向で準備をしているという。渡米のためにさまざまな手続きを進めているというが、2人がアメリカで新婚生活を始めるまではしばらく時間がかかるのかもしれない。

関連リンク

  • 10/28 8:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます