中尾明慶・佐藤晴美ら、バカリズム脚本×篠原涼子主演「ウェディング・ハイ」第2弾キャスト解禁

【モデルプレス=2021/10/28】お笑いタレントのバカリズムが脚本を手掛け、女優の篠原涼子が主演を務める映画『ウェディング・ハイ』(2022年3月12日公開)の第2弾キャストとして中尾明慶、佐藤晴美らが出演することが発表された。

◆バカリズム脚本「ウェディング・ハイ」

本作は、芸人、タレントとしても活躍するほか、向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど、脚本家としてもその才能を発揮する笑いの鬼才・バカリズムが手掛けた完全オリジナルストーリー。

結婚式、それは新郎新婦にとって人生最大のイベント。しかし、結婚式に命を懸けていたのは2人だけじゃなかった!?新郎新婦の同僚や友人、そして親族が、なぜか並々ならぬ情熱を胸に披露宴に集結。主賓挨拶に人生を懸ける新郎の上司・財津(高橋克実)を筆頭に、彼らの熱すぎる想いが暴走し、式はとんでもない方向へ!?担当ウェディング・プランナーの中越(篠原涼子)は新郎・彰人(中村倫也)と新婦・遥(関水渚)のSOSを受け、披露宴スタッフと共に数々の問題を解決しようと奔走する。しかし、更に新婦の元カレ・裕也(岩田剛典)や、謎の男・澤田(向井理)も現れて…。果たして“絶対にNOと言わない敏腕プランナー”は、全ての難題をクリアし、2人に最高の結婚式を贈ることが出来るのか!?

主演は、シリアスな役からコミカルなキャラクターまで、幅広い役柄を見事に演じ、常にヒット作を生み出し続ける女優・篠原。3年ぶりの映画主演作となる本作では、新郎新婦のために知恵と工夫で難題を解決していく“絶対にNOと言わない敏腕ウェディングプランナー”を演じる。

◆中尾明慶・佐藤晴美ら出演決定

今回解禁となったのは、式に集う総勢12名の“クセ者”たち。新郎の後輩で、現在はバラエティ番組のディレクターとして働く相馬慎司(そうま・しんじ)役に中尾。新婦の上司、井上司朗(いのうえ・しろう)役に皆川猿時。新婦の父・新田大造(にった・だいぞう)役に六角精児。新郎の父・石川紀夫(いしかわ・のりお)役に尾美としのり。新婦の元カレ・裕也の友人、真壁宗介(まかべ・そうすけ)役に浅利陽介。同じく裕也の友人、倉田大輔(くらた・だいすけ)役に前野朋哉。新郎の叔父・石川充(いしかわ・みつる)役に池田鉄洋。新婦の高校の恩師・樋口良子(ひぐち・よしこ)役に片桐はいり。プランナーの中越と共に働く披露宴スタッフ・加藤友梨(かとう・ゆり)役に臼田あさ美。新郎とは初対面ながらも、ひょんなことから披露宴に招待されるバーのマスター、村木武史(むらき・たけし)役に宮尾俊太郎。新郎の高校の同級生・滝本直樹(たきもと・なおき)役に泉澤祐希。新婦の高校の同級生・山下沙和(やました・さわ)役に佐藤。豪華俳優陣が一堂に会し、スクリーンを華やかに彩る。

第2弾キャスト解禁に合わせて、キャラクター紹介動画も解禁。先日解禁された第1弾キャストに加え、さらに新郎新婦を取り巻く“クセ者”参列者達が大暴れ。新郎新婦の上司がスピーチ対決を始めたと思えば、何故か両家の父が“武士”と“マジシャン”に…?個性強すぎキャラが大渋滞。この結婚式、一体どうなってしまうのか!?(modelpress編集部)

◆ストーリー

結婚式、それは新郎新婦にとって人生最大のイベント!お茶目だけど根は真面目な石川彰人(中村倫也)といつも明るい新田遥(関水渚)のカップルも、担当ウェディング・プランナーの中越(篠原涼子)に支えられながら準備を済ませ、ようやく式当日を迎えていた。しかし…結婚式に人生を賭けていたのは2人だけじゃなかった!?

新郎新婦の紹介VTRや主賓挨拶、乾杯の発声など、結婚式お決まりの演目に並々ならぬ情熱を注ぐ参列者たち。熱すぎる思いが暴走し、式は思わぬ方向へ…

中越は新郎新婦のSOSを受け、披露宴スタッフと力を合わせ様々な問題を解決しようと奔走する。しかし、更に式場に遥の元カレや、招かれざる闖入者も現れて――!?果たして絶対に「NO」と言わない敏腕ウェディング・プランナーは、全ての難題を解決し、最高の結婚式を2人に贈ることが出来るのか――?

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/28 8:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます