女性問題と暴力団…中日ドラゴンズの次期監督と周辺スタッフの人選がヤバい

拡大画像を見る

 プロ野球中日ドラゴンズの次期監督に野球評論家の立浪和義氏(52)が就任することが発表された。現在開催されているペナントレースのシーズン終了後に正式会見となる運びだ。セ・ リーグ内でしばらく低迷してくすぶっているドラゴンズの救世主になれるのか注目が集まっているのだが、その一方でヤンチャな人柄からスキャンダル続出を心配する声も高まっている。立浪氏といえば問題児で知られていて審判員への暴行やスピード違反、脅迫疑惑などがたびたび報じられてきた。また妻子を持ちながら家族ぐるみの付き合いがあったタレントの梅宮アンナと2004年から交際に発展。2005年には週刊誌「 FRIDAY」でアツアツ不倫ツーショット写真が掲載された。

「一時はアンナの父で梅宮辰夫さんの家を訪問して『女房、子供と別れるのでアンナさんを嫁にください』と土下座して挨拶。婚約寸前までいきましたが、 アンナの浪費癖や金銭感覚のズレが大きくなり破局となった経緯があります。女性をめぐったトラブルでは、ほかにも暴力団の介入を許して事を収めてもらい、大きな問題となったこともありました。今でこそ大人しくなりましたが名古屋界隈でその暴れぶりは有名で、夜の三冠王と言われていました。週刊誌が過去のスキャンダルの洗い出しに乗り出しているのでどういった情報が世に飛び出すのか注目されています」(スポーツ紙デスク)

 立浪政権を支えるコーチら来季の主要スタッフの顔ぶれも続々と出そろっているが、こちらも問題があるようだ。

「スタッフは豪華メンバーですが各スポーツ紙の評論家が一堂にドラゴンズのコーチとなるため、 内部情報が外部に筒抜けとなりますよ。強かった頃のドラゴンズは落合博満元監督が徹底した情報統制をかけていました。予想されるコーチ陣だと統制を守ることができない面々ばかりです 。評論家としてお世話になったメディアに内部情報を漏らしてしまうことが予想されます。もし作戦面や、ローテ、ケガ人、編成情報がダダ漏れ状態となれば、他球団が利するの自明です」( 前出の同)

 前途多難な船出となりそうだが、 ファンの期待は大きいだけにチームを優勝へといざなってもらいたいものだ。

  • 10/27 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます