「罵詈雑言」芸人・ナダルが「壮絶修羅場」で放った一言「復帰できない芸人」の「たった一つの共通点」

拡大画像を見る

 10月22日放送のくりぃむしちゅー・有田哲平(50)がMCの情報バラエティ『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)に、コロコロチキチキペッパーズのナダル(36)が出演。とんでもない事態を引き起こし、大いに話題になっている。

 この日のナダルは、当初はスタジオでコメンテータ役を務めていたが、番組中盤からもうひとりのゲスト・山田安奈(20)と入れ替わって、スタジオから別室に移り、リモートでスタジオとやりとりをする形に。そしてこれが、阿鼻叫喚の恐ろしい事態を引き起こしてしまったのだ。

「移動する前から、年下の山田にアシスタントのように使われ、イライラを募らせていたナダルですが、回線トラブルでスタジオとの中継が止まり、復旧のために待機させられます。そのナダルたちがいる部屋に、タレントのダレノガレ明美(31)がやってきたんです。別番組の控室をナダルたちが間借りさせてもらっていたということなんですが、ここで、ダレノガレが待機中のナダルに“ナダルさん、ちょっといいですか?”“漫才で私のネタやってましたよね?”と、話しかけてきたんです」(制作会社関係者)

 その漫才の内容は、「ナダルの相方・西野創人(30)が“大卒の芸能人のほうがコメント力がある”と言うが、西野の挙げる芸能人が高卒か中卒ばかりでナダルがそれをツッコミ続ける。しかもよく聞くとナダルは高卒・中卒芸能人を滅茶苦茶ディスっている」というものだった。

 このため、ダレノガレに問い詰められたナダルは「西野がね!」「西野に言っときます」と相方の西野に責任を丸投げしようとしたものの、ダレノガレは「ナダルさんでしたよね?」と譲らず押し問答。開き直ったナダルは、誠意にかけらも感じさせない雑な土下座をダレノガレにして「学歴下のヤツ下に見てまうねん!」「(マウントとるように)ずっと言われてんねん。親の教育!」と逆ギレし、強引に会話を打ち切る始末。

■先輩芸人にも容赦ない罵詈雑言

「その後、回線が回復した、と告げられ、収録を再開しようとしたところ、また電波障害。そうすると、今度は、ピン芸人のTAIGA(47)がやってきて、ナダルがラジオやYouTubeで“TAIGAさん、あの人意味わからん”とコメントしていたことに、“なんでそんなことするのか”“悪意を感じる”“ナメてるんだろ”と指摘し、激しい口論になりました。最終的にナダルが“ナメてますよ! そりゃ売れてないんだから!”と怒鳴り、ゲスい本音が見えてしまいました」(前出の関係者)

 さらにつづけて、同じ流れでX-GUNの西尾季隆(51)とさがね正裕(51)の2人が登場したが、ナダルはさがねの名前を覚えておらず、「いだちさん」「ねだてさん」「(ど忘れして)飛んでます!」と見苦しい言い訳。スタッフに「名前教えて!」と懇願していることにさがねが苦言を呈すと、

「誰か答えられるヤツおんのか?」「誰もいませんよ!」「俺は他事務所やからええけどさ、スタッフさんは一人一人の名前覚えとかなあかんちゃうん? なぁ!」

 と、熱烈な「俺は悪くない」アピールを展開。「天才ですね。人のせいにするの」と、ワイプで有田に指摘される始末だった。

「しかも、“スベリ芸ばかりでいいのか?”という西尾の文句に対してナダルは“テレビ呼ばれるのやったらいいんじゃないですか!”と切り返し、“収入源があんねん。企業案件”と話すナダルに案件をもらうための方法を西尾が聞くと“X-GUNさんには企業案件来ません!”“X-GUNさんは後輩イビるだけでまったく面白くないから、何の需要もない! それだけ!”とものすごい形相でまくし立てていました」(前同)

■あのパワハラ男にも激怒

 さらにナダルが「喉乾いた! 水!」「水もってこい!」とスタッフに悪態をついていると、やってきたザブングル加藤(47)に「何をワーワー言うとんねん」と話しかけられ、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、ナダルが食らわせたビンタが痛かったとクレームを入れられると、「いつも何やってんねんずっと! 何がおもろいねん! 向上委員会の!」と、今度は向上委員会MCの明石家さんま(66)に喧嘩を売りかねない、とんでもない発言が飛び出した。

「このパートはむしろ、加藤の6月の給料が5000円だったのに対し、ナダルが高額な給料をもらっていたことに加藤が激怒し“なんでこんなに差があんねん!”“説明しろやー!”“殴らせろや!”と顔を真っ赤にして泣き顔で大声で叫び続け、ナダルが疲労困ぱいでした」(専門誌記者)

 ここまでで、すでに《見てる側が疲れる》という視聴者の声も上がるほど怒鳴り続けいたナダルだったが、最後に登場したのがTKO・木下隆行(49)で、ここでナダルの本当にとんでもないひと言が炸裂してしまったのだ。

「それまでのタレントは、回線の復旧作業中、つまりカメラが回っていない状態でナダルに話しかけていたんですが、木下は収録中であるにもかかわらず、何度も仕切りのカーテンを開け、ナダルに声をかけてきたんです。ナダルがスタジオの質問に答えようとしてるのに“ナダル?”と呼びかけてくるので、“木下さん!!”とキレる。“ナダル?”“木下さん!!”といったやりとりがなんども繰り返され、ナダルは“ブランクあり過ぎて、感覚バグってるやん!”と心底うんざりした顔をしていました」(前同)

■「復帰できへん人の共通点って1つやと思ってる」

 木下は「BUCCA44」というブランドを展開していること、後輩にペットボトルを投げつけるパワハラが問題になって事務所を辞め、仕事を干されていることで知られているが、木下が「BUCCA44」を「誰が買うねん」とナダルが話していたことを問い詰めると、最終的にナダルが、

「誰が買うねん! ペットボトル投げた犯罪芸人が!」と吠える場面もあった。

 さらに木下が「俺アドバイス欲しいと思ってんねん。今後TKO木下をどうやったら、好感度取れるのか?」という相談に対し、ナダルは「復帰できへん人の共通点って1つやと思ってる」と切り出し、

「変なプライドあるっていう。プライドさえなければ全然、僕はいけると思うんですけど。

 昔の栄光にすがって、ずっとそのままのやり方でやろうとする人が多い。プライドがある人は、軒並み失敗しているなと思います」

 と、あまりにも芯を食った回答をしてのけたのだ。

「これが結果的に、“元々プライドの高い。あいつは本当にカッコつけで、プライドの高い男”と爆笑問題の太田光(55)に評された宮迫博之(50)や、“多目的トイレ不倫”発覚後にやはりプライドの高さが見え隠れしてしまったアンジャッシュの渡部建(49)、そして木下と、ヤラカシ芸人をまとめて斬る形になりました」(前出の専門誌記者)

 最後は、「一緒に『M-1』出ぇへんか?」「やろう。『M-1』やろう!」としつこく提案してくる木下にナダルが「もうええて木下さん!!」と激怒し、スタジオの山田杏奈に向かって「山田!」「山田こっち来い! 山田ァ! 地獄やて!」と叫びながら、番組は終了した。

「こうした一連のやり取りは番組の仕込みで、番組終了後のアフタートークで有田が“今年一番笑ったかもしれない”と絶賛。ナダルも疲れ果てながらも笑顔で“ほんまエグい台本考えんのは止めてくださいマジで!”としていました。

 それにしてもナダルのキレかたと迫力は、神がかっていてすさまじかったし、ネットでも《今年の放送回の中で1.2位を争う神回》《脱力タイムズ、もうこの回を永遠に超えられないんじゃないか》《直球で善意ゼロ発言するからブレがない》と大絶賛でしたね」(前同)

 クズ芸人として確固たる地位を築きつつあるナダル。これからも、テレビで見る日は増えそうだーー。

関連リンク

  • 10/28 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます