分かりにくい医者の話を…「この看護師さん凄い!」と思ったこと4つ

病院で必ずお世話になる存在といえば看護師さん。テキパキと動き、優しさと温かさにあふれる看護師さんをみて、「凄いな……」と思った経験って、一度はあるのでないでしょうか?
ということで今回はそんな「この看護師さん凄いな!」と思ったエピソードについて、リサーチしてみました。

「この看護師さん凄い!」と思ったこと

とにかく優しい

「家族全員が通う近所の総合病院。小児科も皮膚科も外科も婦人科も……どの科の看護師さんも、本当に優しくて。
以前婦人科系の病気で入院したときも、『不安で仕方ない』と看護師さんに話したら、手術前には『そうだよね、よく分かる。でも手術したら今よりずっとラクになるからね』と優しく話してくれ、入院中も何度も優しい言葉をかけてくれた。ただ優しいだけじゃなく、いろんな患者さんをみてきているからこその説得力があった。本当にはげまされたなぁ」(31歳女性)

▽ 入院や手術が決まると、やっぱり不安になることもありますよね。そんなときやっぱり頼りになるのは看護師さん! 患者さんの不安そうな姿をみて的確にはげましの言葉をかけてくれたり……でも余計なことは言わず、患者さんが安心して手術や治療にのぞめるように努めてくれる……。本当に感謝しかありません!

注射が全然…

「持病の治療のため、週1で病院通いをしている。で思うのが、そこの看護師さんの注射が上手っていうか、全然痛くない! 本当に『え、終わったの?』って思って、毎回確認しちゃうくらい(笑)。
採血もスムーズで、ウチの5歳の子でもまったく痛がらないから安心。ちなみに、その病院のお医者さんに注射してもらうときは、同じ治療内容のはずなのになぜか痛くて……。ま、たまたまかもしれないけどね(笑)」(30歳女性)

▽ 確かに注射って、上手な人とそうでない人がいますよね……。筆者の周りには医療関係者がけっこういますが、知り合いの医者によれば「医者より看護師の方が注射が得意な人が多い」のだとか。一体なぜなのでしょうか……。

分かりにくいお医者さんの話を…

「これって私だけが思うことじゃないはずだけど……お医者さんの話ってイマイチ分かりにくいなってことがあって……。あ、もちろんそうじゃないお医者さんもいるけどね(笑)。で、そんな分かりにくい話を聞いていて、私が『?』って表情になっているのをみたのか……お医者さんの話を絶妙にフォローしてくれる看護師さんって、けっこういる。
今かかりつけの病院も、お医者さんは名医だけど話がとにかく分かりにくい(笑)。でもその話を分かりやすく翻訳(笑)してくれる看護師さんがいるから、安心して通っているよ」(29歳女性)

▽ はい、これ筆者も分かります(笑)。もちろん分かりやすい説明で、ゆっくり丁寧に話してくれるお医者さんもいますが、そうでない人も……。
看護師さんのお仕事は、医療行為からこういった患者さんへのきめ細やかな対応など、本当に多岐に渡りますよね。あらためて言うまでもないですが……「看護師さんって病院にとって絶対不可欠な存在だよな」と心から思います。

子供への神対応

「3歳の息子はよく胃腸炎になり、その度に近所の総合病院で点滴を打ってもらう。ついこの前も胃腸炎になったんだけど、その総合病院の診察時間外だったので、仕方なく開院したばかりのちょっと離れた小児科へ。
点滴の針が怖い息子は泣き叫び断固拒否! でもそこに看護師さんが来てくれて、優しく話しかけてくれたりアンパンマンのぬいぐるみで気を紛らわせてくれたおかげで、泣き叫んでから1分もかからず点滴の針を刺すことができた。いつも行く総合病院では、子供が暴れて点滴針を刺すのに苦労して、30分くらいかかっていたというのに……。お医者さんを怖がる息子も、『ママ、またこの病院に来たい!』『看護師さんに会いたい』って言っていた」(32歳女性)

▽ 子供がうまれると、病気やら何やらで、病院に行く頻度がぐっと高くなりますよね……。痛い治療などを覚えているからなのか、「病院に行く」のを嫌がる子供は多いですが……子供自ら「行きたい!」「会いたい!」と言ってくれるような病院や看護師さんって、親にとっては「神!」と思えてしまうことでしょう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/27 22:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます