森進一、昌子の息子・マイファスHiro「うちの家族楽しくない」「殺伐としてる」森家の実情暴露!“親ガチャ”大当たりのはずが……

拡大画像を見る

 10月22日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で、MY FIRST STORYのHiro(27)が“森家”の複雑な家庭事情をダウンタウンの松本人志(58)、千鳥らに明かした。

 Hiroは、「いろんな職業の方が今日いらっしゃるじゃないですか。今の仕事をお父さんとお母さんって賛成してくれましたか? って話なんですけど」と質問。Hiroといえば、父が森進一(73)、母が森昌子(63)、兄のTaka(33)はONE OK ROCKのボーカルという歌手家系に生まれたサラブレッドだ。しかし、Hiroによれば、父親は「自分が苦労してきたから、その苦労を子どもにさせたくない」とHiroが音楽をすることに反対だったという。

 Hiroは「昔は、でも、やらせたくないって言うわりに、僕なんかリビングとかで小っちゃいころに見てた日曜日とかにやってるアニソンとかを口ずさんでると、なんか急に呼び出されて“おまえ音程ズレてるぞ”とか言ってきてた」と振り返り、「“いや、歌やらせたくないのになんの指導なのこれ”とか思いながら」と、父の矛盾した行動について語った。

 Hiroはこの話を踏まえて、皆、両親の賛成があってやっているのか、自分の子どもに同じ仕事をさせたいかと改めて質問した。これに松本は、父親は反対以前に「おまえなんかができるわけない」という反応で、その後売れてからも「あんまり褒めてはくれへんかったな」と明かした。

 その後、今年のオリンピックで金メダルを獲った卓球男子の水谷隼(32)が「どうやったら水谷選手みたいになれますか?」という質問にどう答えたらいいか困っているという話から、千鳥のノブ(41)がミュージシャンであるHiroに話を振ると、「僕は結構特殊で。“僕みたいにどうやったらなれますか”ってよりも、“おまえ良いよな”って言われることが多いんですよ」と告白。

 Hiroは、「全部ひっくるめて、家族含めたうえで“良いよな”みたいな。“すごい人生楽しそうだね”ってめっちゃ言われる」と、自身の環境が恵まれていることについて言われると続け、「俺これ、めっちゃ嫌いなんですよ」「完全におまえ小バカにしてんだろみたいなやつ」と憤慨。

■「思ってるより、うちの家族楽しくない」

 松本が「いわゆる今の親ガチャのやつじゃん。大当たりみたいな」と言うと、Hiroは「そうです、そうです」うなずき、「思ってるより、うちの家族楽しくないから」とキッパリ。Hiroは、「外側から見ると、まあちょっと華やかなっぽく見えるんじゃないですか、やっぱ」「でも結構正月とか殺伐としてるんですよ、ウチ」と、真顔で森家の実情を暴露。いわゆる普通の家庭にあるほのぼのとした雰囲気はなく、「みんな面接のときみたい」な独特な緊張感があると説明した。

 同番組の前身『ダウンタウンなう』(同局系)のナレーションも務めていたため松本とも懇意の母親の昌子について、松本が「お母さん明るい人じゃない?」と聞くと、Hiroは、「明るいんですけど、基本的に何しゃべってるかよくわかんなかったりするんですよ」「明るすぎて“ワーッ”ってなっちゃってるんで」と苦笑い。松本も、「明るすぎて見えないってあるもんね。真っ白っていうね」と昌子をイジっていた。

 Hiroは、今年1月放送の『ダウンタウンなう』に出演した際にも、森家の厳しいルールについて語り、幼い頃はカップラーメンや炭酸飲料が禁止されており、それでもインスタントものが食べたかったHiroはラーメンではなくカップスープをこっそり買って自室に隠していたところ、何かを察知した進一が突然自室にやってきて、隠していたカップスープを発見。激怒した進一が家族会議を開き、当時Hiroが小学校低学年だったため「一人で買えるはずがない」と手助けした犯人探しが行われたという。

 Hiroの協力者は森家の運転手だったが、それがバレたらとんでもないことになると思っていたところ、昌子が代わりに名乗り出たことで、場が収まったこと振り返っていた。

 現在Hiroも兄のTakaも、親とは違うジャンルの音楽でそれぞれの力で成功している。恵まれた環境だったかもしれないが、常人にはうかがい知れぬ苦労も多かったようだ。

関連リンク

  • 10/28 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます