【海外競馬】長距離重賞17勝ストラディバリウスは8歳の来年も現役続行

 昨年までグッドウッドC(英G1)4連覇、ゴールドC(英G1)3連覇など、長距離重賞17勝をあげているストラディバリウス(Stradivarius、牡7、英・J&T.ゴスデン厩舎)が、来年も現役を続行することがわかった。

 現段階ではプレップレースから、グッドウッドC5勝目、ゴールドC4勝目が目標とのこと。英競馬メディア『Racing Post』などが現地時間26日、報じた。

 ストラディバリウスは父Sea The Stars、母Private Life、母の父Beringという血統。主戦騎手はL.デットーリ騎手。

 昨年の凱旋門賞(仏G1・7着)以降はやや成績にかげりが見られるものの、7歳の今年もサガロS(英G3)、ロンズデールC(英G2)、ドンカスターC(英G2)と重賞3勝をあげている。通算成績は32戦19勝。

関連リンク

  • 10/28 5:55
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます