思わず「婚約破棄」したくなった彼氏の幼稚な発言9パターン

彼女との結婚を決めたからといって、すぐに「一人前の男」にはなれないもの。うっかり子どもじみたことを言って、「婚約はまだ早かったかも…」と不安に思われないためには、言動に注意が必要かもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「思わず『婚約破棄』したくなった彼氏の幼稚な発言」をご紹介します。

【1】「母さんに聞いてみないと…」といちいち母親に相談する
「結婚後も母親にべったり頼りそうで、心配になった」(20代女性)というように、なにかにつけて母親にお伺いを立てて「マザコン疑惑」を抱かれるパターンです。自分の意見を述べてから「一応聞いてみる」などと言えば、依存しているとは思われないでしょう。

【2】「俺は家事とかできないから!」と世話してもらう気まんまんでいる
「共働きの予定なのに、『仕事と家事の両方は無理』と言われてブチ切れた」(30代女性)というように、家事に非協力的な態度を示すと、「甘えるな!」と一喝されそうです。今は家事能力がゼロでも「少しずつがんばる」などと意欲を見せたいところです。

【3】「式にも披露宴にも興味ないし…」と当事者意識がまったく見えない
「準備を丸投げされそうになり、結婚自体やめたくなった」(20代女性)というように、やると決めたからには、式の準備にも積極的に取り組むべきかもしれません。正直、関心が持てなくても、愛する彼女の花嫁姿を想像してやる気を出しましょう。

【4】「俺の実家に住めば家賃タダだぞ」と単純な理由で同居を推奨する
「私の気持ちも考えないで同居を勧めてきた彼氏にめちゃめちゃ腹が立った」(20代女性)というように、よかれと思ってした発言で地雷を踏むパターンです。結婚を控えてナーバスになっている彼女を刺激しないためには、いつも以上の慎重さが求められそうです。

【5】「お前の父親、ちょっと苦手…」と今さら怖じ気づく
「いい加減大人になってよ…と呆れてしまった」(20代女性)というように、相手の親族とうまくやれる自信がなくても、彼女には黙っていたほうがよさそうです。既婚の友人などに相談すれば、実践的なアドバイスが得られるかもしれません。

【6】「子どもなんて先の話だろ」と将来のことを悠長に考えている
「家庭を持つ覚悟がぜんぜんできてなくて、愕然とした」(20代女性)というように、出産や育児に関して成り行き任せの姿勢を見せるのもまずそうです。将来設計が固まっていないなら、せめて無責任な発言は慎みましょう。

【7】「ただの人数合わせだよ」と言い訳して合コンに参加する
「付き合いも大事だけど、いそいそと出掛ける様子を見て不信感が湧いてきた」(20代女性)というように、悪びれもせず合コンに向かうのも問題でしょう。「一緒に来る?」などと一声掛けると、実現不可能なのは明らかでも、少しは安心してもらえるかもしれません。

【8】「パチンコ行ってくるわ」と相変わらずギャンブル通いを続ける
「結婚したらやめるらしいけど、信じていいのかどうか…」(30代女性)というように、彼女を安心させたいなら、ギャンブルからは手を引いたほうがよさそうです。「バレなければ大丈夫」と内緒で通うと、最悪の場合、婚約破棄される可能性さえあるでしょう。

【9】「あ、今の子かわいい!」とほかの女性に目移りする
「本当に私を愛してるのか不安になった。今から浮気が心配です」(20代女性)というように、彼女以外の女性に目を奪われて、あらぬ誤解を招くパターンです。特に彼女が嫉妬深いタイプなら、浮気願望を疑われるとややこしいことになりそうなので、怪しい行動は極力避けましょう。

心の準備が追いついていないと、失言してしまうこともありそうです。身を固める覚悟を決めたら、意識して気持ちを切り替えましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/28 7:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます