「仕事ナシ」山崎夕貴アナの退社危機!まさかの『めざましテレビ』井上清華アナ、新人・竹俣紅アナも危うい!?「フジテレビ深刻女子アナ余り」生き残る「5人の名前」

拡大画像を見る

 フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(34)が世代交代の波に巻き込まれて、社内でのポジション確保に苦慮しているという。

 山崎アナは2010年にフジテレビに入社。2018年3月にはお笑いタレントのおばたのお兄さん(33)との結婚を発表し、現在でも夫のSNSで仲睦まじい様子を見ることができる。

 また、2012年4月から『ノンストップ!』でMCを、2018年4月からは『とくダネ!』でサブMCを担当していた。

 しかし、『とくダネ!』が今年3月末で終了したことで、新人の頃以来、約10年ぶりに帯番組の担当がなくなってしまった。

「秋の改編での山崎アナの再登板も期待されていました。お茶の間への知名度も高いですし、明るく元気で、時折繰り出されるボケコメントは秀逸。性格はバラエティ番組にもピッタリですからね。

 ところが、新番組やリニューアルする番組、既存の番組を動かしていって、女子アナをそこにハメていったら、“あれ? 山崎アナがハマらないね”ということになり、今期もレギュラー番組はなしということになってしまったそうなんです」(制作会社関係者)

 山崎アナは現在、『ワイドナショー』に隔週で出演しているほか、『人志松本の酒のツマミになる話』のナレーションを担当してる。

「しかし、それ以外はほとんど仕事がない状況で、暇を持て余しているようです」(前同)

■大注目の元女流棋士・竹俣紅アナも持て余し……

 山崎アナは5月14日の『マイナビニュース』のインタビューに応じており、4月からは新人やアナウンサーを目指す大学生のスクール「アナトレ」の講師を務めているほか、その合間を縫って「資格の勉強でもしようかなと思っています」と話している。

「山崎アナほどの人気アナウンサーにこれほど仕事がないというのは驚きですが、フジテレビではここ数年、深刻な“女子アナ余り”が続いているんです。まず、帯番組には新しいアナウンサーを使いたくないという番組側の事情があります。それは“視聴習慣”につながらないから。

 月から金曜までの帯番組で“月曜はこの人”、“火曜はこの人”というふうにすると、視聴者は習慣的に番組を見てくれなくなります。帯番組ではアナウンサーを固定したいんです。そのため、活躍の場が得られないアナウンサーも少なくありません」(前出の制作会社関係者)

 今年のフジテレビには、元女流棋士でタレントとしてクイズ番組でも活躍した竹俣紅アナ(23)をはじめ、小山内鈴奈アナ(25)、小室瑛莉子アナ(22)の3人の新人アナウンサーが入社した。

「新人ですからまだまだこれからでしょうが、竹俣アナも今のところ使いどころがないようです。現在は『Live News イット!』のフィールドキャスター、五輪開催時期に『めざましテレビ』で鈴木唯アナ(27)の代役を務めるにとどまっています」(前同)

 小室圭さん(30)と小室眞子さん(30)の結婚前後には、竹俣アナが横浜市にある小室さんの実家周辺で中継を行なう姿をよく目にした。

「大注目の竹俣アナですら、そのような状態ですからね。1年目の小山内アナはチャンスをつかみ取り、『めざましテレビ』の『ココ調リポーター』に抜擢されましたが、これも水曜に隔週での出演です」(同)

 山崎アナと同じように、隔週でしか女子アナを出せない番組がフジテレビには少なくないようだ。

■フジテレビでこれほどの“女子アナ余り”が続いているワケ

 前出の制作会社関係者が続ける。

「これだけ女子アナ余りが続いているのは、フジテレビが単純に女子アナを採用し過ぎたからだといいます。テレビ朝日にはインターネットテレビ局のABEMAがありますから、活躍の場が用意されている。日本テレビは女子アナの採用をそもそも少なくしていた。

 フジテレビの女子アナ余りは深刻で、いま現在活躍している女子アナであっても、アナウンス室から別の部署に異動するケースは今後ますます増えていくでしょうね」

『さんまのお笑い向上委員会』や『ワイドナショー』に出演していた久代萌美元アナ(32)も、7月1日付の人事で「ネットワーク局ネットワーク業務推進部」へと異動している。

「7月の人事では久代アナを含めて6人のアナウンサーが別部署に異動しているんです。今後もアナウンサーの別部署への異動は増えていくと見られています。それを嫌がって退社する女子アナもいるかもしれません。その中には、フリーアナウンサーやタレントに転身する人だけではなく、まったく別の業種に転職する人もいるでしょうね」(前同)

 女子アナ余り、アナウンサーの異動が相次ぐフジテレビにあって、いったい誰が今後も女子アナとして活躍し続けることができるのだろうか。

「冗談抜きで、SNSのフォロワー数が決め手になる可能性はあるでしょうね。視聴者になり得るフォロワー数、ファンが多いことが重要になってくるというわけです」(同)

■インスタフォロワー数圧倒的1位は久慈暁子アナ

 フジテレビの20~30代の女子アナの多くがインスタグラムアカウントを持っている。

 その中でもフォロワー数トップを誇るのは久慈暁子アナ(27)で、実に44.3万人。次いで『めざまし8』の永島優美アナ(29)の30.9万人、『S-PARK』の宮司愛海アナ(30)の28.3万人、『Live News α』の三田友梨佳アナ(34)の27.2万人、『みんなのKEIBA』の堤礼実アナ(27)の22.7万人と続く。

「そういう意味では、久慈アナから堤アナまでの上位の5人は安泰と言えるのかもしれません。6番目には『めざましテレビ』でメインキャスターを務めている井上清華アナ(26)がいます。現実的には、次世代のエースとして期待されている井上アナが別部署に異動することはありえないでしょう。

 ただ、それ以下のフォロワー数で今レギュラーの仕事がない人、もしくは少ない人は誰であっても別部署に異動する可能性はある。ましてや、山崎アナは自身のインスタを持っていませんから、彼女ほどの人気アナウンサーですら、アナウンス室から離れる可能性、退社する可能性はゼロではないと言われています」(前出の制作会社関係者)

 かつては民放でトップの人気を誇ったフジテレビの女子アナ。その華やかな世界は崩壊の危機に直面しているのかもしれない――。

関連リンク

  • 10/28 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます