滋賀県産ブドウを使用し、ホテルソムリエがブレンドしたオリジナルワイン第13弾が登場


琵琶湖ホテル、クサツエストピアホテル、彦根キャッスルリゾート&スパ、びわ湖大津プリンスホテル、ホテルニューオウミ、ホテルボストンプラザ草津、ロテルド比叡では、太田酒造の栗東ワイナリーと共同開発したオリジナルワイン「2020浅柄野(あさがらの) Minori」を、11月1日(月)より1,000本限定で販売する。

ホテルソムリエがブレンドしたワイン第13弾

同企画は、滋賀県内および比叡山の懐に位置する7つのホテルが、地域との関わりを通して滋賀県の魅力を発信することを目的として2008年にスタートし、今年で13回目。


ブドウ栽培に適した土壌づくりに取り組み、数々のワインを世に送り出してきた栗東ワイナリーが自社農園で育てたブドウでできたワインを、各ホテルのソムリエが集まり、利用者の嗜好や料理に合うようブレンドを重ねオリジナルのワインに。

滋賀県の土地で育ったブドウでつくったワインを、地域のホテルにて和洋中さまざまな料理とともに楽しむことで、滋賀の食の豊かさに触れるきっかけになることを目指している。

赤・白のオリジナルワインを用意

今回発売の「2020浅柄野 Minori」は、滋賀県内および比叡山の懐に位置する7ホテルのソムリエがブレンドしたオリジナルワイン。

赤ワイン「2020 浅柄野 Minori Rouge」は、2020年産のヤマソーヴィニヨンを樽熟成させた原酒を80%、マスカットべリーAを樽熟成させたものを20%の比率でブレンドし、白ワイン「2020 浅柄野 Minori Blanc」は同じく2020年産のセミヨン(新木)を30%、セミヨン(古木)を30%、レッドミルレンニュームを20%、シャルドネを20%ブレンド。赤、白ともに滋賀県産100%、栗東ワイナリーの農園で収穫されたものを使用している。

商品の詳細

製造本数は、赤ワインが600本で、白ワインが400本。レストランでは、ボトル(750ml)が¥6,000(税・サ料込)で販売されるほか、一部ホテルの売店でも購入することができる。

購入・レストランの予約等については、各ホテルに問合せを。

なお、同商品は販売本数に達し次第終了となるので、気になる人は早めにチェックを!

※写真はすべてイメージ

画像をもっと見る

  • 10/27 22:08
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます