ジェイミー・リー・カーティス来日熱望 『ハロウィン KILLS』特別メッセージ映像

 10月29日に公開を控える『ハロウィン KILLS』より、主演のジェイミー・リー・カーティスが作品や共演者について語るほか、日本語でメッセージを贈る姿も収めたスペシャルインタビュー映像が解禁された。

 日本に先駆け10月15日より全米での公開がスタートした本作は、公開3日間で5035万ドル(約57億円)超えとなる驚異的なオープニング成績を叩き出し、『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』を抑え首位デビューを飾った。2021年公開のホラー映画としては『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の4754万ドル(約54億円)を超え、No.1ヒットのホラー映画となっている。

 今回解禁されたのは、主人公ローリー役を1978年の第1作から演じ続けているジェイミーが、日本の観客に向けて語ったインタビュー映像。本作は、78年版の40年後を舞台にした前作『ハロウィン』(2018)の続編となる最新作。その出来に満足しているというジェイミーは「デヴィッド(監督)は、映画オタク。彼は『三部作を作るならば、2作目はすごく派手でなければならない』と言っていた。ビッグで、上を行くものでないといけない、とね。ミュージカルにたとえるなら、シンバルの音がバンバン鳴るような、うるさい曲。それにノンストップ。とてもエキサイティングな続編になったわ。見る人を決して退屈させない強烈な作品よ」と自信に満ちた表情でコメント。

 本作には、シリーズ1作目『ハロウィン』(1978)からカムバックしたキャストがいることについて「昔のキャラクターは、あの街が抱えるトラウマの象徴なの。前作はローリーについての映画だった。彼女のトラウマの話よ。今作で呼び戻したのは、幼かったリンジーやトミー、看護師やブラケット保安官よ。この人たちも傷つき、トラウマを抱えている」とその理由を説明。

 そして、彼らとの再共演を振り返り「不思議な感じだったわ。カイル・リチャーズは8歳だったのよ。驚きよね。当時私が19歳で、彼女は8歳だった。今やお互い歳を取ったわ(笑)。彼女は子供が4人いて、ビジネスで成功している。再会はとても感動的だった。みんな涙を流していたわ。『信じられる?』という顔で見つめ合っていた。あれだけの年月を経て、また集まることができたなんて…」としみじみ。

 また、40年以上もの間『ハロウィン』シリーズに携わってきたジェイミーは「『ハロウィン』は私の女優人生にすべてを与えてくれた。人生を振り返ってみると、すべては何かにつながっている。『ハロウィン』は、私がキャラクターを作り上げ、真の女優になる機会をくれた。そして映画が成功し、そのつながりで今の私がある。ジョン・カーペンターと(第1作目で脚本と製作を務めた)デブラ・ヒルに感謝をしてるわ。彼らがいなかったら、今の私は存在しないもの」と本シリーズがいかに自身のキャリアに貢献したか、感慨深い様子で語った。

 続いて、日本にも本シリーズのファンがたくさんいることを知っているとして「3部作のどれかの公開時に来日したいけど、次回作の時になるかしらね」と来日への期待をにじませるジェイミー。最後は「どうもありがとう!」と日本語で呼びかけた後、「みなさんの応援に感謝します。この映画はすごくショッキングで、怖くて、暴力シーンが満載です。本作では、街の人々が抱えるトラウマを描きます。私にはキャリアの初期の頃から、日本のすばらしいファンがいてくれました。みなさんにはずっと感謝しています。お体に気をつけて、この映画を楽しんでください」とにこやかにメッセージを贈って締めくくった。

 映画『ハロウィン KILLS』は10月29日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/27 19:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます