フジ『所JAPAN』は「ナレーションが過剰」!? 佐々木希の「メルカリ」企画に「仕込みっぽい」疑念浮上

 10月26日放送のバラエティ番組『所JAPAN 2時間スペシャル』(フジテレビ系)では、芸能人が正体を隠して私物をメルカリに出品する恒例企画「ハッピーメルカリ便」を実施。女優の佐々木希と元宝塚トップスターの紫吹淳が、思い出の品々を破格の値段で出品したが、ネット上では“奇跡の展開”に反響が寄せられると共に、「うまくいきすぎ」「仕込みっぽい」と疑いの声が相次ぐ事態となっている。

 紫吹は今回、宝塚時代に稽古で着ていたという「ドルチェ&ガッバーナ」のスーツ、15年前に仕事で着用したウエディングドレス、宝塚退団後に愛用するようになったというファッションブランド「フォクシー」のワンピース、高級スウェット、「ルイ・ヴィトン」のバッグを出品。その結果、すぐに完売したそうで、ウエディングドレスを購入した兵庫県在住の40代女性が、勤務先の会社の会議室で番組スタッフの取材に応じた。

「顔を隠した状態で出演したこの女性いわく、もともと『所JAPAN』のファンで、『ハッピーメルカリ便』の出品がないかと毎日『メルカリ』をチェックしていたのだとか。また、過去に“授かり婚”をし、ウエディングドレスを着る機会がないまま夫と離婚したことから、『1度もウエディングドレスを着たことがなかったので、着てみたかった』と購入理由を語っていました」(芸能ライター)

 さらに、番組スタッフから、ウエディングドレスは紫吹の私物であることを“ネタばらし”された女性は、「紫吹さん、大好きなんです。大ファンです」と告白。奥の部屋から洋服が複数かかったハンガーラックを持ち出し、「私の大好きな『フォクシー』です。紫吹さんが着られてるのを見て、好きになりましたね」と、“紫吹愛”をアピールしていた。

 VTR明けのスタジオでは、司会の所ジョージが「すごくないですか? これ。紫吹さん(の私物)って知らないで買って、紫吹さんのファンで、紫吹さんの物が手に入ったって、すごいよねえ」と大興奮。紫吹も「すごいですねえ。こんなドラマがあると思ってなかった」「宝塚時代じゃなくて、女優になってからのファンの方っていうこともすごくうれしいし、今後の糧にもなります」と感激した様子だった。

 その後は佐々木のVTRへ。佐々木は自身が手がけるファッションブランド「アンティミテ」のデニムスカートや、「ディオール」の香水、育児本のセットなどを出品し、こちらも完売。育児本を落札した妊娠中の女性は、「胎動を感じ始めて、ちょうどその日にメルカリ便が届いた」とスタッフに明かし、番組ではこのエピソードを「奇跡的なできごとが起きた」というナレーションと共に紹介していた。

 続いて、デニムスカートを購入した山口県の女性の元に番組スタッフが出向くと、女性は「メルカリ」で日常的に「アンティミテ」の洋服をチェックしている佐々木の大ファンであることが判明。デニムスカートを着用した商品写真の女性の“手”を見て、すぐに「のんちゃん(の手)だ」と、出品者が佐々木であることに気づいたという。

 さらに、女性はデニムスカートが届いた日に、以前から気になっていた顔見知りの男性と偶然出会い、LINEのIDを書いたメモを渡されたそう。恋愛に臆病になっていたことから、この日でなければ返事はしなかったというが、「デニムが届いた日っていうのが、『これはハッピーな気がする』って思って」LINEを返したのだとか。そして後日、この男性と食事に行った際に告白されたという。

「女性は『絶対、のんちゃんのおかげです!』と佐々木に感謝を伝え、スタジオの所も『これが正しいハッピーメルカリ便のあり方じゃん』と感激しきり。ネット上でも『こんな奇跡ってあるんだ!』と反響を呼び、『商品がめっちゃ豪華だった! 私も欲しい』『私も希ちゃんのハッピーメルカリ便を探し当てたい』『佐々木希さんファンの奇跡。タイミングってあるんだね。あやかりたい』と羨む声が相次いでいます」(同)

 その一方で、偶然が連続した展開に、一部では番組サイドの“演出”を疑う視聴者もいたようだ。

「ネット上では、『ナレーションが過剰。奇跡、奇跡って連発されると、うさんくさく感じちゃう』『メルカリのヘビーユーザーから言わせてもらうと、仕込みのにおいがプンプンする』『テレビはヤラセがあるから面白いっていうのはわかるけど、これはさすがに……』と訝しむ声も散見されます。今回はあまりにも番組に好都合な展開が続き、ナレーションでもしつこく煽っていたため、過剰演出が疑われてしまうのも無理はなさそうです」(同)

 所の発案でスタートしたこの「ハッピーメルカリ便」企画。今後は、どんな“ハッピー”を見せてくれるのだろうか。

  • 10/27 16:35
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます